ここから本文です

乃木坂46井上小百合、共演者との“距離感”を母親に相談も「『頑張って!』とだけ…」

1/17(金) 22:19配信

ザテレビジョン

A.B.C-Zの河合郁人が主演を務めるミュージカル「天国の本屋」の公開ゲネプロが1月17日、東京・よみうり大手町ホールで行われ、終演後の囲み取材に河合と、乃木坂46の井上小百合、そしてブラザートムが出席した。

【写真を見る】井上小百合、白シャツにホットパンツというラフな格好のステージ衣装…美脚がチラリ

本作は、シリーズ100万部超えのベストセラーとなり、映画化や舞台化もされた小説「天国の本屋」を、菅野こうめいの脚本・作詞・演出で舞台化したもの。

就職活動中のさとし(河合)は、ヤマキ(ブラザートム)というおかしな男に“天国の本屋店長代理”にスカウトされ、一時的に天国に連れて来られる。

そこで働いている緑色の目をしたユイ(井上)に引かれていくさとしだが、“心のリハビリ中”の彼女は心を開こうとしない。そんな中、本屋独自の朗読サービスで、さとしの意外な才能が開花し始め…。

人見知りだという河合と井上は、ブラザートムいわく「すごく面白かった」というほど距離を縮めるのに時間が掛かったよう。

だが、稽古期間が2019年12月~2020年1月ということで、クリスマス、年末年始、出演者の誕生日とイベントが多く、「徐々に一致団結できました」と井上。

あまりに距離が縮まらない状況を母親に電話で相談したそうで、「『頑張って!』とだけ言われました」と、笑顔を見せた。

こうしたほほ笑ましいラブストーリーの仕事があまりもらえないという河合は、やはり「ちょっと恥ずかしかった」が、「役に入り込んでお芝居に集中して乗り切りました」と照れた表情。

さらに、「A.B.C-Zでもこんなに歌わないのに、人生で一番歌ってる」「(堂本)光一さんとか、これをずっとやって来ているわけで、先輩方はすごいな、とあらためて」「キスマイ(Kis-My-Ft2)の藤ヶ谷(太輔)とかってうまいんだなって思いましたよ」と、実は眠れない日々を過ごしたことを告白。

しかし、今はお芝居を楽しめているようで、「ラブシーンがあるから、(A.B.C-Zの)メンバーには見てほしくないんですよ、初めて」と言いながら「でもみんな俺のことだから見に来ると思う…」「藤ヶ谷にも見て、(演技の)参考にしてほしいですね」といつもの調子に。

そのまま「先輩方にも見に来ていただけたら…」と続けた彼の言葉尻を捕まえ、ブラザートムが「近藤(真彦)! 見に来いって!」とテレビカメラに向かって呼び掛けると、河合は「上過ぎる上過ぎる上過ぎる!」と大慌て。

「え? 見に来てほしくないの? …近藤!見に来んなって!」とブラザートムが重ねると、「それも違うそれも違うそれも違う! お忙しいから…」と言い、「近藤、来られるもんなら来いって!」「違う~!」と大慌て。

「トムさんのアドリブが本当に怖い。さっきのゲネプロでもぶっこんで来たし、アドリブ食らって困ってる顔を見るのが好きだって言ってたから…」と語っていた恐怖を、囲み取材でも実感した様子だった。

ミュージカル「天国の本屋」は、東京・よみうり大手町ホールにて1月25日(土)まで上演。また、1月31日(金)~2月2日(日)には、大阪・サンケイホールブリーゼにて上演予定。(ザテレビジョン・取材・文・撮影=坂戸希和美)

最終更新:1/17(金) 22:19
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ