ここから本文です

<魔進戦隊キラメイジャー>小宮璃央、作品への意気込みを語る「どのくらい成長できるかを見守ってほしい」

1/17(金) 16:27配信

ザテレビジョン

3月8日(日)にスタートする戦隊シリーズ44作目の最新作「魔進戦隊キラメイジャー」(毎週日曜朝9:30-10:00、テレビ朝日系)の制作記者会見が1月16日に、都内で行われた。

【写真を見る】キュートな笑みを浮かべるキラメイピンク・大治小夜役の工藤美桜

今作のモチーフは、「宝石」と「乗り物」。不思議なパワーを秘めた美しい宝石「キラメイストーン」に戦士として選ばれた5人が、人々から希望や輝きを奪おうとする闇の帝国・ヨドンヘイムと戦う姿を描く。

制作記者会見には、キラメイレッド(熱田充瑠)役の小宮璃央、キラメイイエロー(射水為朝)役の木原瑠生、キラメイグリーン(速水瀬奈)役の新條由芽、キラメイブルー(押切時雨)役の水石亜飛夢、

キラメイピンク(大治小夜)役の工藤美桜、そして博多南無鈴役の古坂大魔王が登壇。さらに“戦隊アナ”としても知られている宮島咲良アナウンサーが司会として登場し、ヒーローさながらのオリジナル変身ポーズを決め、会場を沸かせた。

作品への意気込みについて小宮は「僕は作品の中でも現場でも最年少で、なおかつお芝居の経験もないので先輩たちに手を貸していただきながら、頑張っていきたいです。皆さんには、この一年で熱田充瑠くんと小宮璃央がどのくらい成長できるかを見守ってほしいです。よろしくお願いします!」と緊張しながらも元気よくコメント。

木原は、「長いようで短い一年の中でたくさんの方に“キラメイて”いただけるように頑張っていきますので応援よろしくお願いします」と爽やかな笑みを浮かべた。

■ 新條「笑顔を届けられるように頑張ります」

現場のムードメーカー的存在の新條は、「歴史ある戦隊ヒーローという作品に、一人のヒーローとして参加できることをとてもうれしく思います!この一年の間に瀬奈の新しい一面をたくさん見つけていきたいですし、私自身も瀬奈と一緒に成長していきたいです。瀬奈の明るさで皆さんに笑顔を届けられるように頑張ります」と話した。

水石は「僕は小さい頃からヒーローに憧れていましたので、その夢がかなったことをうれしく思います。あの頃、ヒーローたちからもらったものを今度は僕たちが小さなお子さんにプレゼントできるように精一杯“キラメイ”ていきたいです!応援よろしくお願いします」とキラメイジャーの最年長らしくコメント。

以前、「仮面ライダーゴースト」で2号ライダーである深海マコト(仮面ライダースペクター)の妹のカノンを演じた工藤。「小さい頃からの憧れで大好きなスーパー戦隊の一員になれたことをすごくうれしく思います。キラメイジャーということで見てくださっている方に“キラキラ”を届けられるように、私自身も“キラキラ”と輝けるように精一杯頑張りますのでよろしくお願いします!」とキュートな笑みを見せた。

■ 小宮「ご一緒できてうれしかった」

キラメイジャーを支援する博多南役を演じる古坂は会場を和ませるように「ちぃっす!唯一、僕が46歳なんでね、『なじめるかな?』と心配していたのですが、…まだなじめていません(笑)」とユーモアな発言で会場を笑わせた。

「みんな若いので、スポンサーとしていろいろな意味でバックアップしていく役です。テニスで例えると後衛ですね!僕自身、戦隊シリーズに出られると思っていなかったので、うれしいです。体調に気を付けます」と明かした。

会見では、キラメイジャーの相棒役や敵役の豪華声優らが発表。中でも魔進ファイア役の鈴村健一、ガルザ役中村悠一、マブシーナ役の水瀬いのりの名前が上がると会場は大きな拍手に包まれた。

充瑠の相棒である魔進ファイア役の鈴村とのエピソードについて小宮は「アフレコ現場で鈴村さんを見て、思わず『鈴村健一さんだ!』とニヤニヤしてしまいました。好きな声優さんとご一緒できてうれしかった」と無邪気にコメント。その様子を見ていた木原は「本当にニヤニヤしていたので、(小宮らを見て)『仕事だからね!』と突っ込んじゃいました」と振り返った。

また、OPテーマは大西洋平が、EDテーマは出口たかしがそれぞれ務め、さらに「魔進戦隊キラメイジャー」を盛り上げる。(ザテレビジョン)

最終更新:1/17(金) 16:27
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ