ここから本文です

日本初の「牛乳食パン専門店」がオープン!食パンに込められた老舗牛乳屋の想いとは

1/17(金) 19:30配信

ウォーカープラス

近年人気が高まる食パン専門店。こだわり抜いた食パンを販売し、行列のできる人気店が数多く存在する。そんな食パンブームの中、日本初の「牛乳食パン専門店」となる「牛乳食パン専門店 みるく」が1月18日(土)、東京都足立区にオープン。水を使わず、牛乳のみで焼き上げた濃厚なミルク生食パンは、牛乳屋だからこそ作れたパンだ。

【写真】焼きたての食パンを割ると、中はモッチリふわふわ

■ 牛乳屋さんが作る食パン「東京みるく食パン」とは

「牛乳食パン専門店 みるく」は、東京都足立区の老舗牛乳屋「金子乳業」が手がける食パン専門店。「朝食を通じて1日のスタートをより気持ちよく切ってもらいたい」という想いから、牛乳と同様に朝食には欠かせない食パンの専門店をオープンした。

通常の食パンは水を使用するが、同店が製造する食パンはすべて牛乳のみを使用。それにより、“生”で食べる食パンとしてのおいしさを最大限引き立たせることに成功した。こだわりの濃厚ミルクを使用しており、甘みやコクのある香りと味わいだ。焼きたてのミルク食パンを割ると、中はモッチリふわふわ!パンの耳までおいしいリッチな口どけも特徴となっている。

店舗では、そのままでおいしい「東京みるく食パン」(800円)と、トーストにぴったりの「牛乳屋さんのおいしい食パン」(600円)の2種類を販売。そのまま食べるもよし、ミルクと相性の良いバターやジャム、クリームチーズなどを乗せて食べるもよし、さまざまな組み合わせによる違ったおいしさを体験することが可能。

■ 食パンだけじゃない!ソフトクリームやラスクも登場

食パン以外にも、さまざまなメニューを提供する。オリジナルの濃厚ミルクを使用した「東京みるくソフト」(200円)は、子供から年配の方まで幅広い世代に楽しんでもらえるようなソフトクリーム。このほか、「みるく生ラスク」(200円)や、「シュガーラスク」(200円)など、思わず立ち寄りたくなるようなラインナップがそろう。これらのメニューは、商品を通して、家族や地域の和気あいあいとしたコミュニケーションが生まれるようなパン屋を目指したいという想いから生まれたものだ。

「牛乳食パン専門店 みるく」の食パンは、店自慢の牛乳と合わせて食べるとさらにおいしい。老舗の牛乳屋だからこそ実現できたこだわりの食パンをぜひ味わってみよう!

※記事内の価格は特に記載がない場合は税抜き表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。(東京ウォーカー(全国版)・篠田)

最終更新:1/17(金) 19:30
ウォーカープラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ