ここから本文です

ゴーン逃亡で“行きつけのレバノン料理店”は大喜び テレビの取材謝礼は1回10万円也

1/17(金) 17:00配信

デイリー新潮

 カルロス・ゴーン被告(65)がレバノンへ逃亡したのは先月29日。その2日前、彼は20年も通った東京・田町にある焼き鳥店に娘と一緒に出掛けていた。何でも好物はねぎまで、10串をペロリと平らげたそうだ。日本脱出に備えて、英気を養ったのかもしれない。実を言うと、両親がレバノン人であるゴーン被告には、ほかにも馴染みのレバノン料理店があるという。早速、訪ねてみたが、意外な反応が……。

【動画】週刊新潮が直撃していたゴーン被告

 ***

 そもそもレバノン料理と言っても、日本人にはピンとこないだろう。法務省の在留外国人統計によると、2019年6月末時点での在日レバノン人はわずか144人。どうりでレバノン料理にもなかなかお目にかかれないわけだ。

 1975~90年にかけて断続的に起こったレバノン内戦を避けるため、多くのレバノン人が欧州や南北アメリカに移住した。そのため欧米ではダイエット食としてレバノン料理が親しまれているという。実際、レバノン料理は、野菜やハーブ、オリーブオイル、ゴマ、レモン、ヨーグルトを使ったものが多く、ヘルシー。女性に好まれそうだ。肉料理は、中東では広く知られたケバブがある。牛肉、羊肉、鶏肉を串焼きにしたもので、インド料理のシシカバブのようにスパイスは効いていない。他に、ヒヨコマメをコロッケにしたファラーフェル、焼いたナスをすり潰してオリーブオイルや香辛料を混ぜたペーストのババ・ガンヌージュ、パセリやトマト、玉ねぎをみじん切りにしてオリーブオイルとレモンで和えたタッブーレなどが人気料理という。

 1月の某日、ゴーン被告が気に入ったという都内のレバノン料理店に出掛けてみた。予約は入れずに店に入ると、恰幅のいいレバノン人のオーナーが、

「今日は駄目ね、貸し切りになっている」

 少し覗いてみると、店内にはテレビカメラが入り、撮影準備中だった。女性レポーターの姿もあった。仕方がないので、翌日の予約を入れ、引き上げることにした。

1/2ページ

最終更新:1/17(金) 17:00
デイリー新潮

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ