ここから本文です

映画『ラストレター』で一人二役を演じた森七菜「人生で初めて『愛』に涙しました」

1/17(金) 6:20配信

週プレNEWS

昨年の夏に大ヒットした映画『天気の子』のヒロインとして注目を集め、ドラマや映画に大活躍中の女優・森七菜(もり・なな)ちゃん。その勢いは2020年を迎えても止まらず、本日1月17日(金)より公開される岩井俊二監督の映画『ラストレター』では一人二役を演じている。

【画像】ドラマや映画で大活躍中の女優・森七菜

インタビュー前編では、弱冠18歳ながら今後ますます活躍を期待される彼女に、新作について話をうかがった。

■最初は「嘘をついてでも好かれたい」という気持ちが理解できなかった


――完成した『ラストレター』を観て、率直にどんな感想を持ちましたか?

森 そうですね。人生で初めて「愛」に涙した映画でした。ずっと「好きな人のために泣くって、どんな気持ちなんだろう?」と思っていて。お芝居をするうえで、そういう気持ちがわからなくて困っていたことでもあったんです。でも、乙坂鏡史郎が未咲に向ける感情は間違いなく「愛」で、それに自分が涙したことに驚きました。

――思春期を神木隆之介さん、大人になってからを福山雅治さんが演じた乙坂鏡史郎は、広瀬すずさんが演じた未咲に学生時代から思いを寄せ、それを長年忘れられずにいる人物。一方、森さんは未咲の妹・裕里を演じており、鏡史郎に恋する彼女が、姉宛のラブレターを渡さなかったことから、それぞれの感情がすれ違っていく......というのがすべての発端でした。

森 裕里みたいに好きだから嘘をついてでも相手に好かれたいというのは、最初はちょっと理解できませんでした。人を好きなったことはありますけど、そこまで真剣なものではなかったんですよね。それでも演じることができたのは、お相手が神木さんだったからだと思います。

以前、ドラマで共演させていただいたんですけど、すごく謙虚で腰が低い方でした。まだ私が映画にもドラマにも全然出ていない頃で、「芸能人ってすごい!」と衝撃を受けたんです。それからずっと尊敬していた方との共演だったので、裕里の気持ちにすっと入りやすかったと思います。

もちろん、この映画でも素敵な方で、裕里にも優しく接してくれていると感じたんですけど、完成した本編を観ると、やっぱり違うんですよね。裕里に向ける表情と、未咲に向ける表情が。未咲に向ける顔はすっかり蕩(とろ)けている。それがけっこうショックでした(笑)。「これじゃ裕里、脈ナシじゃん!」って(笑)。神木さんの演技力を思い知らされましたね。

■大好きな広瀬すずに会って「泣きました(笑)」


――森さんは裕里のほか、松たか子さんの娘である颯香も演じています。一人二役で意識したことは?

森 2人は性格も年齢も違うし、その差がちゃんと伝わるようにとは意識していました。何より、裕里は松さんの学生時代でもあって。

――裕里という役は松さんと森さんの二人一役でもあるんですよね。

森 だから、「確かに松さんの学生時代だよね」と思ってもらうために、どうすればいいだろうって考えて、ドラマとかバラエティ番組での松さんの振る舞いを見ながら、仕草を真似したりしました。

1/3ページ

最終更新:1/17(金) 6:20
週プレNEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事