ここから本文です

有森裕子 おかやまマラソン初のリタイアを招いた「3つの失敗」

1/17(金) 11:13配信

日経グッデイ

 2020年、いよいよオリンピックイヤーが幕を開けました。マラソン代表の残り1枠をかけた最終選考(MGCファイナルチャレンジ)は、男女ともに残すところあと2レースですが、全身全霊で五輪の切符を勝ち取りにいく選手たち、そして、既に五輪代表の座を手にして日々トレーニングを重ねている選手たちを、私も一生懸命応援したいと思います。今年もどうぞよろしくお願いいたします!

 そんなワクワクする話から一転してしまいますが、今回は、すべてのランナーの方に読んでいただきたい、私の「トホホな失敗談」をお話ししたいと思います。

●5回目の「おかやまマラソン」で初めての途中棄権!

 2019年11月10日に、毎年恒例となっている「おかやまマラソン2019」に参加してきました。この連載を読んでくださっている方にはもうおなじみかと思いますが、5回目を迎えたこの大会は、私の故郷・岡山を盛り上げるため、第1回開催の企画段階からお手伝いしてきた、とても思い入れのある大会です。

 おかげさまで、大会の魅力が少しずつランナーの間に浸透し、「おかやまマラソン2019」には過去最多となる3万4485人ものエントリーがありました。今回も、晴天の下に大会は盛り上がり、無事に幕を閉じました。私自身も年に1回、この大会だけはフルマラソンを走り、市民ランナーの方々と交流を図ることを恒例にしてきて、その感想をこの連載に綴ってきました。

 大会本番に向けた準備として、毎年、ゲストランナーとして参加する全国各地のマラソン大会で10km程度の短い距離を走り、トレーニング代わりにしていました。ところが今回は、スケジュールの関係でその機会が減り、走るトレーニングがほとんどできず、不安を感じていました。スクワットなどの日常生活でできるトレーニングの量を増やして、筋力を落とさないように意識していたものの、結果を先にお伝えすると、残念ながら今回は完走できず、途中棄権に終わってしまいました。最大の原因は練習不足ですが、それに加えて、初心者のようなミスも犯してしまったのです。

1/3ページ

最終更新:1/17(金) 11:13
日経グッデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事