ここから本文です

堀井新監督の下、例年より約2週間早く始動した慶大。目標は不変。リーグ優勝、日本一、早稲田に勝つ!

1/18(土) 16:01配信

週刊ベースボールONLINE

社会人野球で実績十分の新監督

 慶大と言えば毎年2月上旬、全国どこの大学よりも新年の練習始動日が遅い。その理由は明確で、1月の試験に専念するためだ。しかし、今年は約2週間前倒しとなる1月18日に、全体練習をスタートさせている。

 この日は朝からみぞれのため、午前9時から室内練習場で必勝安全祈願が行われ、その後、投手と野手に分かれて汗を流した。

 なぜ、このタイミングになったのか? 昨年12月1日に就任した堀井哲也監督は言う。

「アメリカ遠征(2月18日から)が控えており、旧チームから主力の4年生も抜けた。私自身、1年目でどういう雰囲気でやっているのかを確かめたいのと、一人でも(旧4年生を)カバーしてくれる選手が出てきてほしい。毎日、いろいろな発見があります。グラウンドにはいろいろなものが落ちている。やっぱり、野球選手はグラウンドが良いですよ」

 右腕・津留崎大成(楽天)、正捕手・郡司裕也(中日)、捕手・植田将太(ロッテ育成)、外野手・柳町達(ソフトバンク)と4人がプロ入りするなど、主力選手が卒業。投手陣は豊富も、新たな野手の台頭が待たれる状況だ。

 慶大OBの堀井監督は、社会人野球において実績十分である。三菱自動車川崎では外野手としてプレーした後、マネジャーを歴任。三菱自動車岡崎では監督として、2001年の都市対抗準優勝。JR東日本の監督としては2011年に都市対抗を制し、3度(07、12、13年)の準優勝。昨夏には10年連続出場監督表彰を受け、常勝軍団を築いた。

 昨秋まで率いた大久保秀昭氏はJX-ENEOS監督に復帰。言うまでもなく、堀井監督は「現役指揮官」のまま母校監督就任と、現場としてはスムーズな移行ができたと言える。

 社会人野球の所属選手は30人程度。一方、慶大は120人。新1年生が入学すれば、150人以上の大所帯を率いる立場になる。カテゴリーは違うが、ブレない信念がある。

「勝利至上主義ではないが、勝つことを最優先する」

 リーグ戦前になって勝利を目指すのではなく、常日ごろの取り組みから「勝ち」を意識。つまり、ゲームまでの取り組み、過程を大事にする。すでに勝負は始まっているのである。

「学生野球ならではの純粋さがある。伸び率、吸収力。心が揺さぶられます。気持ちが高ぶり、心が洗われます。年明けから自主トレを見ていますが皆、良い動きをしている」

1/2ページ

最終更新:1/18(土) 16:01
週刊ベースボールONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ