ここから本文です

「アタッキングラグビーに戻った」雨中の初白星に松島幸太朗が手応え!王者・神戸製鋼戦へ視界良好

1/18(土) 20:18配信

THE DIGEST

 ラグビー・トップリーグ2節で、サントリーが今季初勝利を手にした。冷たい雨が降るなか秩父宮ラグビー場で行なわれた18日のNTTコム戦に22対10で勝利。試合後のフラッシュインタビューに応えた松島幸太朗が、この初白星に手応えを語った。

【動画】松島幸太朗の"股下20mパス"も!必見のトップリーグ「トライ集」

「前節で敗れた後に自分たちの強みは何かを振り返って、アタッキングラグビーというところに戻った。雨の中でしたが、しっかりボールを回せた」

 そう語る日本代表BKは後半18分にビッグプレーを見せる。相手のキックをキャッチするや一気に加速。約30mを突破して起点を作り、中鶴隆彰のトライにつなげた。
 
 雨でハンドリングミスが出やすい状況だったが、あくまで攻めのラグビーを貫いた勝利は、チームとして狙っていたものだろう。

 新たに加入したチームメイトのオーストラリア代表CTBサム・ケレビについては、「彼のようなパワーランナーが内にいることで、アウトサイドバックスの強みがよりでるので頼もしい」とチームに大きな化学反応を起こしていると頬を緩める。

 開幕戦こそ東芝に敗れたものの、松島や流大といった日本代表に加え、歴戦の豪州代表を獲得して戦力が底上げされたサントリーの力は本物だ。1月26日(日)にノエビアスタジアム神戸で行なわれる神戸製鋼戦でも、その攻撃力を発揮して好勝負を演じてくれるだろう。

構成●THE DIGEST編集部

最終更新:1/18(土) 20:25
THE DIGEST

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ