ここから本文です

ブロードウェイ最新レポート『スラバのスノーショー/SLAVA'S SNOWSHOW』

1/18(土) 8:10配信

otocoto

クリスマスの賑わいも過ぎ、新しい年を迎え、去年のブロードウェイ収益データが出揃った。全作品の総利益はおよそ1932億円で、2018年と比べると、3.7%の減収となっている。その理由としては、去年は今ひとつ話題作が少なく、需給状況に応じて価格を変動させている切符の値段がそこまで高くならなかったこと、又、早い内に千秋楽を余儀なくされた作品も多かったからだろう。集客率の方は、2019年が90.51% と、ブロードウェイ史上最高の観客動員数の多い年でもあった。ちなみに、毎年一番収益の上がるクリスマスの週の利益は61億円で、35万人が平均1万7500円の切符を購入して観劇したことになる。 

そして、昨年6月にトニー賞の授賞式が終わってブロードウェイの新シーズンが始まって約半年経った今、傾向として見えてきたのは、ミュージシャンのコンサートや、マジックショーのような家族向きのショーが、1日~2ヶ月以下の期間限定興行でブロードウェイに来るようになったことだろう。バリー・マニロウやイギリスのモリッシーなどの名の知れたミュージシャンや、評判の魔術師などが、作品名に”On Broadway”と付け足してマンハッタンで興業を行うようになった。背景には一昨年2018年に開催されたブルース・スプリングスティーンのコンサートと、ハンドカメラとスクリーンを駆使したマジックショー『イルージョニスト』の両方が、大成功を収めたことがある。劇場主は、芝居やミュージカル作品の合間に、短期間限定のツアーものを入れて劇場の稼働率を上げたのである。芝居やミュージカルを本業とするブロードウェイのラスベガス化が、ついに始まったのかも知れない。

そんな世界ツアーの立ち寄り場所として、ブロードウェイに10年振りに『スラバのスノーショー』がやってきた。この作品は日本を含め30カ国以上120都市で4000回以上の公演をこなし、300万人以上の観客を動員している。したがって観賞された方もいるかもしれないが、まだであれば是非次回日本に訪れた際に、その機会を逃さないでほしい。

『スラバのスノーショー』は、雪をテーマにしたシンプルな舞台装置の中、詩情豊かで笑いの溢れるパントマイムが繰り広げられる作品で、1993年にモスクワで初演されて以来、世界中で公演を続けている。 幕が上がると、黄色い衣装に身を包んだスラバが、雪の中で首吊り自殺を図ろうとしている。そんなダークなシーンを、絶妙なタイミングで皆を笑わせて舞台は始まる。そして次第に劇場は 不思議でファンタジーな銀世界に包まれるのだった。

1/2ページ

最終更新:1/18(土) 8:10
otocoto

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ