ここから本文です

【じつはスマホが登場する前から存在】「QRコード」を発明したのはクルマ関連の会社だった!

1/18(土) 7:04配信

WEB CARTOP

QRコードを開発したのはデンソー!

 スマホ決済に、動画の読み込みなどなど、ありとあらゆるシーンで活用されているのが、QRコードだ。スマホの多機能もQRコードがあってこそ、と言っても過言ではないだろう。そんなQRコードだが、じつはクルマに深く関係した会社が発明したものなのだ。それがデンソー(現在はデンソーウェーブという別の会社)だ。

意外と知らない「世界初の国産技術」と搭載車5選

 QRコードが発表されたのは1994年のこと。すでにバーコードが実用化されていて、コンビニやスーパーなどでピッと読み取るものは普及していたが、問題はバーコードは英数字のみの20文字程度のデータしか入らないということ。横方向にしかデータが入っていないのが理由で、QRコードは横だけでなく、縦にも情報が入っているのがポイントだ。ちなみにバーコードは1次元コードで、QRコードは2次元コードと呼ばれる。肝心の容量は、サイズによるが、数字だけなら最大で7089文字も入れることができる。

自動車部品の管理にも使われている

 発明されると、トヨタが得意とするカンバン方式(必要な部品を必要なときに納品)の管理に使われるなどしたが、特許は持ちつつも権利行使はしないとしていたのにも関わらず、一般的には今ひとつ普及せず。実際に2000年手前頃にデンソーのスタッフに聞いたことがあるが、「バーコードで十分という声が多いんですよね」と言っていたのを覚えている。

 一気に広まるようになったのは、やはり携帯電話に読み取り機能が付いたのがきっかけだろう。覚えている人もいるかと思うが、2000年以降になるといわゆるガラケーにもQRコード読み取り機能が付いたのに合わせて、いろいろなところでQRコード自体も見かけるようになった。その後、スマホになって現在に至るというわけだ。

 もともとはたったふたりで開発を開始。破損部分を復元できたり、読み取りやすくするために位置情報が入っていたりと、小さな印のなかにはいろいろなうんちくが詰まっている。位置情報とは、ほかに似たような図柄があっても読み間違えないようにするための印で、QRコードの角に付けられた3つの四角などがそれだ。

 特許をオープンにしたことで、自分で生成することも可能だし、今や世界でも使われるようになったのは、日本人としても嬉しかったりする。発明されていなかったら、電子決済などはどうなっていたのやら。もちろん自動車部品の管理にも使われていて、パーツにQRコードが付いているのを見かけることもあるので、機会があったらぜひ見てみてほしい。

近藤暁史

最終更新:1/18(土) 7:04
WEB CARTOP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ