ここから本文です

新型スープラに「カブリオレ」仕様? 東京で“ワイルドスピード“なコンセプトカーを初披露

1/18(土) 18:40配信

Auto Messe Web

レクサスSC430をベースに学生たちが製作

 日本車のチューニングカーも多く活躍する、映画『ワイルドスピード』シリーズ。なかでも高い人気を誇るのが、初回作にてポール・ウォーカーが演じたブライアン・オコナーが乗るオレンジの先代スープラ(A80系)だろう。今回の東京オートサロンには、劇中に登場したスープラを連想させる、17年ぶりに復活を遂げた新型GRスープラとおぼしき車両が展示されていたのだ。

展示車のインテリアやエンジンほか【画像10枚】

 ボディはバイナルグラフィイクとオレンジの塗装など、劇中に活躍したスープラを彷彿とさせるもの。ボンネットを開けるとフルチューンされた3リッターターボエンジンが鎮座している。どこから見てもワイルドスピードの登場車両だが、外観は映画に登場しているはずのないGRスープラ。しかし、ご存知のように、昨年に登場した新型スープラにはカブリオレ(オープン)は設定されていないはずだ。

 と、あまりの完成度に高いプロトタイプかと勘違いしてしまうのもムリはない。じつをいうとGRスープラのオープン仕様、ワイルドスピードに登場した車両のオマージュとして、「NATS(日本自動車大学校)」の生徒たちが製作。NATSが作ったのは、レクサスSC430(ソアラ)がベースのマシンだったのだ。

GRスープラ純正部品を違和感なく移植

 前述のように、モチーフにしたのはワイルドスピードに登場した先代スープラで、「パンデム」のエアロキットを使って細部までSC430に合わせて加工。元々のサイズが近いのと学生らの秀逸な造形センスにより、このまま映画に採用されても不思議じゃないレベルの完成度を誇っている。また、トランク部分のダックテールやTRD製を再現したボンネットはワンオフ造形。ヘッドライト/テールレンズ/前後バンパーは、GRスープラ純正を違和感なく移植した。

 もちろんチューニングの内容もルックスに負けず劣らずだ。スワップした3リッターの直6ターボエンジン(2JZ-GTE)は、「トラスト」製のビッグシングルタービンやサージタンクを組み、パワー&トルクと見た目の美しさを両立。サスペンションはエアフォース製で、エアータンクはリヤシート部分にNOSのタンクと組み合わせてインストール。ATだったミッションは“R154“に載せ替えてMT化し、「カーツ」のLSDや「ORC」の強化クラッチを組んだことで、映画と同様に走らせても速い1台へと仕上げた。

 東京オートサロン2020の会場では、GRスープラのオーナーから「本物のルーフを切ったのかと思ってビックリした」という声もあった。完成度の高さがよく分かるエピソードだ。

佐藤 圭

最終更新:1/18(土) 19:43
Auto Messe Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ