ここから本文です

『占いで相性が良くない彼は運命の相手じゃないの?』Amy Okudaira【必ず幸せになる引き寄せ恋愛術】

1/18(土) 21:10配信

with online

あなたの人生を決めるのは占いじゃない!

あなたの人生を決めるのは、あなたであって占いではありません。確かに、本当に物事が見通せる本物の占い師も世の中にはいるにはいますし、持って生まれた星回りなどで出てくる相性というのは、意外なくらい本当に当てはまっていることが多いのですが、占いではなくまず自分に聞いてみましょう。

【必ず幸せになる引き寄せ恋愛術】記事一覧はこちら

占い師が言うからではなく、あなた自身も、「相性がよくない」「何か違う気がする」「一緒にいると楽しいし、好きは好きだけど、大切な決断の時に考え方が合わない・・・」など、違和感を強く感じているのなら、その人とは縁がないのかもしれません。

パートナーシップというのは、ただ好きだからパートナーシップを結ぶというだけではなく、“自分自身の魂の成長のための学びという側面”があるため、相性がいいから恋愛する、相性がいいから結婚する、とは必ずしも言えません。やはり、『魂で決めてきた相手』というのに出会うとそれはわかるものですし、そういう相手の場合、すでに自分の深いところで確信があるので、「相性が悪いのかも……」と悩むことはほぼありません。

その人がどういう人であったとしても、「この人だ!」というような自分の中での確信ですので、その人がどんな人であるか、相性がいいのか、将来幸せになれるのか、など、未来や外側のことに依存しないのです。

あなたが違うと思うなら……

自分の運命の相手が「彼ではない気がする」という気持ちが強いならば、彼ではないのでしょう。あなたの本当の心、あなたの魂は、運命の相手をちゃんと知っていますので、「この人じゃないですよ~」というお知らせを送ってきてくれているのかもしれませんね。

もちろん、結婚するまでの縁がないという人であっても、恋愛は楽しめますので、彼のいいところをみて、彼がいる生活を楽しむようにすることもできます。“何か違うな”というところがあっても、そのおかげで自分の望みをはっきりさせたり、より自分と向き合うための出来事と捉えることもできます。ポジティブに考えることで、その彼との関係もいいものになっていきますので、違うと思ったからといって、いい関係が築けないとか、即別れたほうがいい、ということではありません。
目の前にある人間関係を大事にしてこそ、さらによい関係が引き寄せられてきますので、相性が悪いと愚痴ばかり言うのではなくて、彼との関係で感謝できるところをいつも探すようにしていきましょう。

1/2ページ

最終更新:1/18(土) 21:10
with online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ