ここから本文です

福岡堅樹を「誇りに思う」 名将ディーンズHCも万感「彼のプレーを見られて幸せ」

1/18(土) 17:33配信

THE ANSWER

有終の美を飾った福岡に指揮官も最敬礼

 ラグビーのトップリーグ第2節は18日、豊田スタジアムでトヨタ自動車―パナソニックが行われ、ワールドカップ(W杯)日本代表6人を擁するパナソニックが40-20で開幕2連勝を飾った。この試合後、東京五輪を目指して7人制日本代表に合流する福岡堅樹は終了間際に“有終トライ”を披露。トップリーグ史上最多の観衆3万7050人を最後まで魅了したトライゲッターに対し、世界的名将ロビー・ディーンズHCも称賛を惜しまなかった。

【画像】有終トライ後に速攻更新! 「稲垣啓太が補助席!?」とネット話題、その表情は…福岡がトヨタ自動車戦後に公開した“バス車中ショット”の実際の写真

 白熱のシーソーゲーム。主役はやっぱりこの男だった。リードして迎えた後半37分、相手のパスの乱れに乗じてボールを奪った福岡が中央にトライ。一瞬でトップスピードに乗る、なんとも福岡“らしい”プレーで観衆3万7050人の視線を一身に浴びた。

 開幕戦のクボタ戦でも50メートル独走トライなど、2トライ。2戦で3トライを決めた男はほっとしたような表情を浮かべていた。

 見事有終の美を飾った福岡を絶賛したのはディーンズHCだ。「彼は非常に特別な選手。彼のパフォーマンスを多くのファンの前で見せられて嬉しく思う。今後はチームにいないが、7人制の一員として日本に貢献してくれることを嬉しく思う。彼のプレーを見られる我々は幸せ」と賛辞を並べていた。

 ディーンズHCは現役時代はオールブラックスでプレー。指導者としてはスーパーラグビーのクルセイダーズを率いて優勝5回。世界最高峰のラグビー指導者とも称される指揮官にとっても、福岡の存在は別格だった。

「1人のコーチとして誇りに思う。彼はフィールドの上で何でもできるということです。彼がオリンピックに出られるなら喜ばしいこと。彼がピッチにいるなら何でもできる」

 最後は福岡のために特別に用意された会見で隣に並びがっちりと握手。ワイルドナイツからは離れても、愛弟子の活躍を心から祈っているようだ。

THE ANSWER編集部・角野 敬介 / Keisuke Sumino

最終更新:1/18(土) 18:05
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ