ここから本文です

“3万7050人の熱狂”に当事者達は何を感じたか 稲垣啓太「選手はアピールしかない」

1/18(土) 20:03配信

THE ANSWER

史上最多の観客動員を更新、選手から見えた光景は

 ラグビーのトップリーグ第2節は18日、豊田スタジアムでトヨタ自動車―パナソニックが行われ、ラグビーワールドカップ(W杯)日本代表6人を擁するパナソニックが40-20で開幕2連勝を飾った。観衆は3万7050人で、2018年9月1日のトヨタ自動車―サントリー(豊田スタジアム)の3万1332人を超え、トップリーグ史上最多入場者数を記録した。空前の盛り上がりに沸いたスタンドに選手たちは何を感じたのだろうか。

【画像】豊田スタジアムが人、人、人…! 姫野&福岡ら見たさに殺到した光景は…史上最多3万7050人で埋まった会場の実際の写真

 豊田スタジアムをほぼ埋めた観衆が、選手の一挙手一投足に視線を送り、激しいぶつかり合いにどよめきを起こした。3か月前の世界一決定戦の熱狂が確かに蘇ってきた。

 地元・トヨタ自動車はW杯でジャッカルで一躍脚光を浴びた日本代表、姫野和樹が主将を務め、オールブラックスのキャプテンだったNO8キアラン・リード、優勝した南アフリカのFBウィリー・ルルーら世界的なスターがスタメンに名を連ねた。

 一方のパナソニックも男子7人制代表に合流するため、この試合が今季の15人制ラストマッチとなる可能性が高い福岡堅樹、“笑わない男”として人気を集めたPR稲垣啓太、ドレッドヘアのHO堀江翔太らリザーブを含めて計6人の日本代表が並んだ。ラグビーファンはもちろん、W杯でラグビーを好きになった“にわかファン”にとっても垂涎のカードだった。

ラストマッチ福岡も感激「普段のトップリーグでできるのは幸せ」

 パナソニックの日本代表HO坂手淳史主将は「37050人、大変なファンが来てくれて、嬉しく思う」と目を細め、トヨタ自動車の姫野も試合後の場内インタビューで「率直に嬉しいです」と感謝し、「今後ともラグビーをよろしくお願いします」とファンに呼びかけた。

 有終のトライを決めた福岡も「開幕戦からたくさん来てくれて、これだけたくさんの人が見てくれた。今はラグビーの勢いがきている。上まで見渡しても、たくさんの人が見られる。普段のトップリーグでできるのは幸せ」と笑顔をのぞかせ、また稲垣も「トヨタ自動車のファンが多かったと思いますが、パナソニックのラグビーを見せられたのは素晴らしいこと」と振り返った。

 前週の開幕カード8試合合計ののべ観客動員数は11万6737人で、昨年の8万3719人を3万3018人上回った。そしてこの日は史上最多を更新した。確かに熱狂は続いている。今後へ向けて稲垣は「選手はグラウンドでアピールするしかない。勝たないと応援のし甲斐もないと思います。広報の面では、マネジメントサイドともうまく連携できれば」と力を込めた。熱いゲームを続け、ラグビーの魅力を伝え続けていく――。選手たちの戦いは続いていく。

THE ANSWER編集部・角野 敬介 / Keisuke Sumino

最終更新:1/18(土) 22:25
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ