ここから本文です

名作ずらり「復刻ミニゲーム機」6選。ファミコン、プレステ…

1/18(土) 15:45配信

bizSPA!フレッシュ

 2020年は暖冬だが、昨年10月の消費増税もあり、懐(ふところ)は厳冬だ。特に外出の予定もなく、自室で寂しく週末を過ごす……という読者も多いことだろう。

 そんな寂しい時間をなぐさめてくれるのは、昔も今もテレビゲームだ。でも最近のゲームは高いし、難しくてよくわからない……。そんな人にオススメなのが、いま流行りの「ミニハード」である。

そもそもミニハードって何?

 きっかけとなったのが、2016年の「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」発売。これをテレビにつなぐだけで、内蔵されている『スーパーマリオブラザーズ』や『パックマン』などのゲームを遊ぶことができる。これを皮切りに、他社からも同じコンセプトのミニハードが続々発売された。

 本体を買うだけで、たくさんの名作レトロゲームを遊ぶことができるのがミニハードの利点である。また、ミニハードはすべてHDMI接続に対応しているため、コンポジット接続に対応していない現代のテレビや、パソコン用のモニターでも遊ぶことができる。

 そこでここでは、すでに発売されている6種類の「ミニハード」を紹介していきたい。お気に入りのものを通販で取り寄せたら、こたつで焼酎をちびちびやりつつ英気を養おう。

1)いま遊んでも面白い「ファミコンミニ」

 2016年に任天堂から発売され、一躍話題となった「ミニ系ハード」の第一人者。昨今発売されている「ミニ系ハード」の元祖となったのも、この「ファミコンミニ」である。

 8bit機であるファミコンの性能は、現在我々が使っているパソコンやスマートフォンの100分の1にも及ばない。しかし創意工夫によりさまざまな名作タイトルが生み出され、その後のゲーム文化の礎となったのは周知の通りである。

 ただ「懐かしい」だけじゃなくて、いま遊んでも面白いタイトルがたくさん存在する。これら全30のタイトルを5000円台で遊べるのは大きな魅力だ。

「ファミコンミニ」はこれが面白い!

 絶対に面白いのが『星のカービィ 夢の泉の物語』。ファミコンソフトとしてかなり後期の作品にあたるため、「ファミコン世代」のゲーマーにも未プレイ者が多いのではないかと思われるが、8bit機のアクションゲームとして、これ以上はないというくらいに完成している。かわいいキャラクター、見通しの良い画面、多彩なアクション、程よい難易度、すべてにおいてアクションゲームのお手本となる出来だ。

 超ハードな『ロックマン2』が遊べるのも良い。徹夜で取り組むことになると思うので目薬は必須。RPGは少ないが、骨太の『ファイナルファンタジーⅢ』が入っていて遊びごたえがある。リメイクが遅れた作品なので、実は遊んだことがないというレトロゲーマーも多いのでは。

 これは本当に、余談の上にも余談のようなものなのだが、任天堂の公式サイトからダウンロードできる説明書にも注目してほしい。『パックマン』や『ロックマン2』の説明書は、2種類のインクだけでゲームのキャラを鮮やかに表現していて、当時のデザイナーの創意工夫が窺える(これを「特色掛け合わせ」という)。

 最近の印刷物ではこういう工夫を見ることが減ったが、このような脇役アイテムも、レトロゲームの味わいの一部なのだ。

1/4ページ

最終更新:1/18(土) 15:45
bizSPA!フレッシュ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ