ここから本文です

ネット&スマホ活用節約術 買い物はポイントサイト経由でよりお得に

1/19(日) 11:00配信

マネーポストWEB

 家計を一撃する消費増税から3か月。余計な出費はしまいと財布の紐は堅く締め、節約に励む人は少なくないだろう。とはいえ、健康のためにもできるだけ食費は削らず、不必要な出費から見直しをはかりたい。そこで、ネット通販やスマホ関連の節約の小ワザを紹介しよう。

ネットの買い物はポイントサイト経由で

 ネットで買い物をする時は、公式サイトに直接アクセスするのはもったいない。「ポイントサイト」を経由すれば、キャッシュレス決済でつくポイントが数倍になる。消費生活アドバイザーの丸山晴美さんが語る。

「私は楽天系の『リーベイツ』を使っています。ここを経由するとポイントバックがあり、1回3000円くらい得することも。楽天で買い物をする時も、直接楽天に行くのではなく『もらえるモール』というサイトから行くと1%ポイントがつく。楽天カードがあればポイント3倍なので、ダブルでお得です」

 ほかにも、3000以上のネットショップでの買い物でポイントが貯まる「ポイントタウン」や「ハピタス」、アプリのダウンロードなどでもポイントがつく「ポイントインカム」などもある。

使わない有料アプリは即、解約

 携帯電話を契約した際に、「1か月間無料」などの誘い文句でダウンロードしがちな有料アプリ。無料期間が過ぎても入ったままになっているものはないだろうか。ファイナンシャルプランナーの花輪陽子さんが指摘する。

「有料アプリの月額利用料が330円とすると、3つだけで毎月990円も“無意味なもの”に払っていることに。すぐにチェックして解約しましょう」

フリマアプリやオークションで不用品を売る

 不用品を処分しようとフリーマーケットに出店したら、一日がかりでヘトヘト。リサイクルショップでも二束三文にしかならなかった…こんな苦労は昔の話。

「メルカリ、ラクマ、PayPayフリマなど、フリマアプリやネットオークションで、簡単に不用品をお金に換えられるようになりました。匿名配送もできるようになったので、家の不用品を売ってヘソクリを作るのもいいですよ」(丸山さん)

携帯は「確安SIM」に

 節約のプロたちが口をそろえてすすめるのが、スマホを大手携帯電話会社から「格安SIM」に乗り換えること。節約アドバイザーの和田由貴さんが語る。

「以前は大手キャリアの5ギガのプランで月8000円ほどかかるのが普通でしたが、格安SIMの『マイネオ』などに替えれば、6キガのプランでも月2400円ほど。1人あたり5000円以上の節約になります」

「契約するのが面倒」という人もいるが、使い慣れたスマホはそのままに、月額料金が半額以下になるのは、試さない手はないだろう。

※女性セブン2020年1月16・23日号

最終更新:1/19(日) 11:00
マネーポストWEB

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ