ここから本文です

メークは「貼る」時代 人工皮膚が変える美容の常識

1/19(日) 7:47配信

NIKKEI STYLE

日経トレンディは令和2年が様々な新技術が産声を上げる激動期だと捉え、我々の生活や日本経済に深く関わるテクノロジーやサービス、交通などが今後どうなっていくかを予測した。今回はその中から「人工皮膚・人工毛髪」技術について紹介する。

◇  ◇  ◇

「このテクノロジーで、肌の悩みや苦しみを解決したい」。2019年12月に花王が発売したスキンケア製品の新技術「ファインファイバーテクノロジー」について、同社の澤田道隆社長は大きな可能性を見いだす。

この技術は、小型機器を用いて1μm(マイクロメートル)以下の極細繊維を肌に直接吹き付け、積層型の極薄膜を作るというもの。おむつや生理用品などの不織布研究から生まれた技術を転用した。肌の表面にごく自然に膜が密着している様子は、まさに「人工皮膚」あるいは「第2の皮膚」と表現できそうなものだ。

 新製品「バイオミメシス ヴェール」は、この極薄膜と美容液とを組み合わせ、就寝中に顔の肌の湿潤環境を整え続ける。膜は肌の3次元形状に対応し、表情などの動きにも追従するため、剥がれにくい。湿潤マスクを1晩中貼っているようなイメージに近い。そうして寝ている間に十分な潤いを肌に与え、翌朝目が覚めたら手で膜を剥がして、普段通り洗顔すればいい。

「技術としては、スキンケアの他にもメークやボディーケア、アートといった分野への応用も考えられる。また将来的には、医療領域での展開も目指したい」と澤田社長は展望を語る。

20年以降は、こうした「人工皮膚」技術を応用した製品・サービスが相次ぎ登場し、美容の新たなジャンルを形成することが見込まれる。資生堂が開発中の「セカンドスキン」も、近い将来の製品化が期待される注目技術。米国のスタートアップ企業から18年に事業買収したもので、特殊なポリマーを配合したクリームと専用の乳液を肌に重ねて塗ると、瞬時に肌と一体化し、凹凸を補正してシワやたるみを隠せる。美容成分を肌にとどめておく機能にも優れ、スキンケアや日焼け止めなどの展開を視野に入れている。

1/2ページ

最終更新:1/19(日) 7:47
NIKKEI STYLE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ