ここから本文です

立川志らく、テレビで和装を貫く理由と目指す「超二流」

1/19(日) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 落語界の風雲児・立川談志のDNAを受け継ぎ、歯に衣着せぬコメントで令和のテレビ界を賑わせている男、立川志らく(56才)。コメンテーターの枠を超え、2019年秋口からは新たなる挑戦として情報番組『グッとラック!』(TBS系)の司会を務めている。

【写真】上下ヒステリックグラマーの私服姿の志らく

 トレードマークでもある羽織袴姿。高座に限らずテレビ出演の際には和装を貫いているという。

「昔はテレビに出る時には着物はNGと決めていたくらい“落語家=着物”という固定観念がものすごくいやでした。でもね、考えてみると日本人が落語を意識するのは週に1度の『笑点』(日本テレビ系)くらいで、おそらく人口の1%程度しか落語の面白さをわからないまま死んでしまう。月曜から金曜の毎日『グッとラック!』と『ひるおび!』(TBS系)の2番組に着物で出演することで、“こいつは落語家なんだな”と意識してもらえる。それは非常に意味があるんじゃないかと思うようになったんです」

 2017年に上半期ブレイクタレントランキングで1位に選ばれテレビでの露出が増えたことで、世間からは心ない言葉を浴びせられることも。

「“落語もやらずにテレビに出て”なんて落語ファンのなかにはそう言う人もいるけれど、この姿でどれだけ私が落語に貢献しているかって、ねぇ?(笑い)」

“落語もやらずに”どころか、精力的に高座へも上がっている。平日は帯で情報番組の出演と他番組の収録をはじめ、夕方からは立川一門会の落語会や、2018年に文化庁芸術祭大衆芸能部門で優秀賞を受賞した『志らく独り会』などの独演会をこなし、週末は高座を掛け持ちすることもある。しかもその忙しさで新作落語もさらりと作るのだから恐れ入る。

「落語は一生かけてやるもので、高座に上がって生で感じたことを次へ生かしていく。経験を重ねて完成させていく芸なので、準備に時間をかけすぎる必要はないんです」

 テレビでの経験も落語に生きていると言う。

「落語とテレビは畑違いのようでいてそうでない。MCをやらせてもらって共通点があることにも気づきました。コメンテーターとして出させてもらう時には自分がいかに爪痕を残せるかと考えて、印象的なことをポイントとして発言しています。しかし番組を仕切る立場になると、全体を見渡して発言するようになりました。要は物事を俯瞰で見ることを学んだのですが、これって落語の時と同じ脳が働くんですよ」

1/3ページ

最終更新:1/19(日) 7:38
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ