ここから本文です

【UFC】マクレガーが40秒TKOで復活勝利「またここから始まる!」

1/19(日) 15:20配信

ゴング格闘技

2020年1月18日(日本時間1月19日)、米国ネバダ州ラスベガスのT-Mobileアリーナで『UFC246』が開催された。

【写真】セラーニを鼻血に追い込んだ肩パンチについてもマクレガーは語った

メインカードでは、元UFCライト級&フェザー級二冠王、コナー・マクレガー(アイルランド)が1年3カ月ぶりに復帰し、名勝負男として名高い“カウボーイ”ドナルド・セラーニ(米国)とウェルター級で対戦。

マクレガーはUFC史上初の二階級同時王者であり、UFC史上3人目の二階級制覇王者。2011年2月から2016年3月にネイト・ディアスに敗れるまで15連勝を飾り、MMA戦績は21勝4敗。2017年8月にはフロイド・メイウェザー・ジュニアとの世紀の一戦を実現させた。

2018年10月のUFC世界ライト級タイトルマッチ、ハビブ・ヌルマゴメドフ戦で4R3分3秒、リアネイキドチョークで敗れて以来試合を行っていないが、1年3カ月ぶりオクタゴンでの試合でどこまでコンディションを整えてこれたか。

セラーニはムエタイ出身で、2006年にMMAプロデビュー。2007年6月には日本の『CAGE FORCE』に初来日を果たしている。UFCには2011年2月から参戦。MMA戦績は36勝13敗1無効試合。現在UFCライト級5位。今回の試合はウェルター級戦。マクレガーは2016年8月のネイト・ディアス戦以来、セラーニはライト級からウェルター級に転向し、ライト級に戻して2勝した後は2連敗。

両者の対戦はこれまでも噂に上がり、2018年5月にUFC史上最多勝利数を「23」に、さらにUFC最多ノックダウン奪取数を「20」に伸ばしたセラーニは試合後、「もしコナー・マクレガーが戦いたいと言うのなら、俺はいいぞ。やろうぜ」と対戦を呼び掛けていた。

▼ウェルター級 5分5R
○コナー・マクレガー(アイルランド)
[1R 0分40秒 TKO] ※パウンド
×ドナルド・セラーニ(米国)

先に入場はセラーニ。いつものテンガロンハット姿で登場すると、オクタギンサイドで同じようにハットをかぶる息子と妻にキスをしてオクタゴンイン。

会場入りを遅らせ、なかなか入場してこない“武蔵”戦法のマクレガー。アイルランドの国旗を背に花道をゆっくりとオクタゴンに進むと、ケージのなかでステップを踏み、セラーニと拳を当てた。

1R、ウェルター級で厚みのあるマクレガーはサウスポー構え。オーソドックス構えのセラーニ。

ホーンにいきなり左ストレートを伸ばして飛び込むマクレガー! 頭を下げて避けるセラーニだが、そこにセラーニは跳びヒザ! 組みつくセラーニは四つ組みになると、マクレガーはまさかの肩パンチを左肩で4発! 3発目を鼻に受けたセラーニは鼻から出血。

突き放したマクレガーは、さらにセラーニに左ハイをアゴ先にヒット! ここで動きが落ちて後退したセラーニに左跳びヒザはマクレガー! 金網まで詰めて左フックを当てると、さらに打ち下ろしの左フックをトリプルで当て、崩れるセラーニに右アッパー!

ダウンし、頭を抱えてうずまりこむセラーニ。そこに中腰から鉄槌を落とし続けるマクレガーだが、レフェリーのハーブ・ディーンはまだ止めない。マクレガーの連打に動けないセラーニを見て、レフェリーが遅めのストップで間に入った。

エディ・アルバレスを破ってUFCライト級王者になった時以来、3年2カ月勝利から遠ざかっていたマクレガーは、オクタゴンのなかで、解説のジョー・ローガンから勝因を問われると、「身体を動かしてレベルチェンジをして……」と言いかけたところで興奮して「みんな、戻ってきたよ! 最高だよ。フェザーでもライトでも、このウェルター級でも歴史を作り、越えてきたい。チームから最高のサポートを受け、今日は最高の応援だった」と勝利にエキサイト。

スクリーンを見ながらのコメントでは、肩パンチについて聞かれ、「この身体の状態は予測していなかったと思う。誰も止められなかった。UFC、自分自身を誇りに思うよ。またここから始まるんだ。俺の名前を歴史に刻みたい!」と完全復活を宣言。

さらにウェルター級での戦いを「この階級でとても力を感じるよ」と、今後も同階級での戦うことを示唆。「どの階級でも戦っていける。俺はやるべきことやるだけさ。いつでも準備できてるよ」と各階級のライバルたちに宣戦布告した。

続けて禁酒していたというアルコールについて「やるべきことの最初は、まずはアフターパーティーだ! ウィスキーだ。お祝いだ!」と解禁することを満面の笑みとともに語った。

敗れたセラーニは、「まずはヒジでやられて、ハイキックで頭をやられた。(マット中央での肩パンチは)あんなの見たことない。考えたこともなかったよ。あれで鼻血が出たし、こんなに早くこれかよ、と思った」と、、マクレガーの攻撃が予想外だったことを吐露。続けて、「このスポーツが、MMAが好きだ。これ以上、何を言えばいい? 家族もきてくれたし、みんな愛しているよ」と言葉を振り絞ると、ケージのなかに飛び込んできた母親と熱い抱擁をかわした。

セラーニのコメントが終わると、マクレガーはセラーニのママとも強いハグをかわした。今回は試合前からトラッシュトークは抑え目に、セラーニに敬意を示していたマクレガー。と同時に、試合前のじらし作戦、新たな技の引き出しも見せるなど、大人なマクレガーが、40秒の圧勝劇で、オクタゴンの主役に返り咲いた。

最終更新:1/19(日) 15:20
ゴング格闘技

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ