ここから本文です

女優ルーシー・ボイントンのクリエイティブなアイメイク5選

1/19(日) 22:23配信

ハーパーズ バザー・オンライン

先日1月17日に26歳の誕生日を迎えたイギリス人女優、ルーシー・ボイントンは、映画『ボヘミアン・ラプソディ』でおなじみ。実は彼女、アイラインやアイラッシュを巧みに操るアイメイクの女王なのだ!今回は、 彼女の最も印象的だった5ルックをプレイバック。

【写真】ルーシー・ボイントンのフィルモグラフィー

クールなメタリックアイ

メタリックカラーをまぶた全体ではなく、目頭にアクセントとしてその質感を活用するルーシー。ビューティアイコンとして頭角を現し始めたのもこの頃。

極細のグラフィカルアイ

世界中のハートを掴んだSAGアワードでのルックは、極細アイライナーで描いたグラフィカルアイが決め手。リップ以外はカラーレスで仕上げているのも、さすがのひと言。

スパイシーなウイングアイ

進化系キャットラインともいえるウイングアイを、いち早く取り入れたこの日のルーシー。目元に合わせてヘアも、ワイドなAラインでラフなボリュームを演出している。

大胆なパンキッシュレッド

情熱的なレッドリップに、コントアのようにのせた大胆アイメイクと、チャレンジングなメイクアップもお手の物。下まつ毛のみ赤マスカラにすることで、リップと統一感を持たせることに成功。

パワーウーマン風アイラッシュ

映画『ボヘミアン・ラプソディ』の興奮冷めやらぬうちに出演したドラマ、『ザ・ポリティシャン』のプロモーションに出席したルーシー。目尻を太く跳ね上げたアイラインと、毛先をラフに遊ばせた切りっぱなしショートで、アストリッド役さながら強い女性を演出。

最終更新:1/19(日) 22:23
ハーパーズ バザー・オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ