ここから本文です

次期「トヨタ 86」はターボ搭載? 噂に世界が騒然

1/19(日) 12:30配信

Forbes JAPAN

昨年10月に、トヨタ 86とスバル BRZという兄弟車の後継車が開発されていることが正式に発表された。

それを発表したスバル広報は発売時期には触れなかったが、新車が出るのは2021年の後半だろうと業界は見ている。海外で「GT86」として販売されたこのクーぺは、格好いいライトウェイト・スポーツのシルエットと、FRレイアウト(フロントエンジン、後輪駆動)、それに手頃な価格で人気を得ている。

しかし、2012年に86が登場した当時から「200psでは足りない。もっとパワーが欲しい」という声が非常に大きかった。現行型の86やBRZが使用しているボクサー・エンジンと6速M/TやA/Tはスバル製で、多少トヨタのチューニングが加えられている。

実は先週、その不満の声に答えるかのように、英国の有力誌「オートカー」が、次期86には2.4リッターのターボエンジンがつくと報道し、欧米メディアやスポーツカーのファンを騒がせた。

この驚きのニュースは本当なのか、僕は調べてみることにした。なぜなら、日本で聞いている限り、ターボはつかないというからだ。

海外で噂されている力強い2.4Lのボクサー・ターボエンジンはすでに、アメリカ向け大型SUVのスバル・アセントとアウトバックに搭載されているユニットだ。実際、そのエンジンは市場に出回っているので、オートカーの関係者が「次期86にも搭載される」と騒いでもおかしくない。同エンジンは、260psと376Nmを発生する4気筒ボクサーエンジンで、200psと205Nmを発揮する現行型の86より大きく上回る。

しかし、日本では違う答えが返ってくる。自動車業界では、国内と海外の情報に食い違いが生じることはしょっちゅうあるとわかりながらも、ボクサーエンジンを作るスバル通に聞いてみた。するとやはり、「2.4Lターボを次期86やBRZに積むか積まないか、まだ決定していません」という。

さらに、ある日本車の情報通に聞いてみたが、「いや、オートカー誌の記事の内容は全くのガセですよ。確かに2.4Lターボは存在しますが、そのエンジンが次期86やBRZに搭載される証拠はどこにもありません」と話す。別の媒体の同僚も、「2.4Lターボではなく、着くのは2.4Lのノンターボでしょう」という。

1/2ページ

最終更新:1/19(日) 12:30
Forbes JAPAN

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ