ここから本文です

お下がりが多い次男に新品の服、大喜びされ“値段”に罪悪感を覚えた漫画 「愛情が大事」

1/19(日) 7:10配信

オトナンサー

 息子が新品の服を着たときのことを描いた漫画「値段ではないけれど」がSNS上で話題となっています。普段、長男のお下がりを着ることが多い4歳の次男。ある日、新品の服を着せると、はじけるような笑顔で喜んでくれますが、実は…という内容で、「分かる」「次男くん、いい子!」「愛情と素材が大事」などの声が上がっています。作者の女性に聞きました。

【漫画】本編を読む

笑顔があまりにもキラキラしていて…

 この漫画を描いたのは、さやかわさやこ(ペンネーム)さん(37)です。普段は主婦として子育てをしながら、インスタグラムやブログで育児絵日記を中心に発表しています。

Q.今回の漫画を描いたきっかけは。

さやかわさやこさん「新しい服を着た次男の笑顔が、あまりにもキラキラしていてまぶしかったので描きました」

Q.この後、値段のことは伝えたのですか。

さやかわさやこさん「伝えていません。とても気に入っている様子だったので、罪悪感もあり、190円とは言えませんでした」

Q.お下がりを嫌がることもあるのでしょうか。

さやかわさやこさん「嫌がることはなく、むしろ『これ、にいにが着てたやつやんな!』と喜んで着ています。インスタグラムのコメントでも、同様の反応をする子がいるようでしたので“下の子あるある”かもしれません」

Q.お下がりで気に入っている服はありますか。

さやかわさやこさん「次男はふわふわの素材が好きなのですが、お下がりの、ふわふわのパジャマに大喜びで『これずっと着たかってん!』と顔をキラキラさせていました」

Q.新品を買ったときは、いつも今回のような反応なのでしょうか。

さやかわさやこさん「そうですね。やっぱり、新しい服はうれしいみたいです。いつも、ものすごくうれしそうにしています。『たまには、おさがりばかりじゃなくて次男の好きな服を買ってあげよう』と思いました」

Q.漫画について、どのような意見が寄せられていますか。

さやかわさやこさん「同じように、お下がりで喜んでくれるお子さんをお持ちのお母さまから、『複雑な気持ちになるの分かります』と共感していただいたり、『綿100%で190円とは!』など価格に対する驚きの声を多く頂いたりしました」

オトナンサー編集部

最終更新:1/20(月) 12:58
オトナンサー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事