ここから本文です

平均年収2000万超え! M&Aキャピタルパートナーズの年収はなぜ高いのか?

1/19(日) 6:01配信

ダイヤモンド・オンライン

 電通vs博報堂。ヤマト運輸vs佐川急便。アップルvsアマゾンetc.
有名企業の決算書を徹底分析! 「儲かっている」のはどっちだ?
本連載は、誰もが知っている有名企業の決算書を対比させることで、「仕事に効く会計知識」と「経営分析の基本」を一気に学ぶものだ。著者は、「監査法人」「証券会社」「ベンチャー企業」「会計コンサル」、4つの立場で「会計」に携わった経験を持つ川口宏之氏。近著に『経営や会計のことはよくわかりませんが、儲かっている会社を教えてください!』がある。

【この記事の画像を見る】

● 財務諸表で徹底分析!

 本日は、平均年収2478万円を誇るM&Aキャピタルパートナーズを分析します。下記の画像(M&Aキャピタルパートナーズの決算書)を見てください。

 M&Aキャピタルパートナーズの平均年収は2478万円です。上場企業は、社員の平均年収を有価証券報告書に必ず記載しなければなりません。有価証券報告書の「第1 企業の概況 5.従業員の状況」が掲載場所です。

 財務諸表を分析していきましょう。2018年9月期のM&Aキャピタルパートナーズの営業利益率は49.1%、粗利益率は64.8%となっています。

 M&Aの仲介というサービスを提供する会社なので、「売上原価があまりかからない」のは納得のいくところです。

 実際にM&Aキャピタルパートナーズの売上原価の内訳を「売上原価明細書」で確認してみると、驚くべきことがわかります。

● 原価のほとんどは社員への給料

 なんと売上原価に占める人件費の割合は75.5%もあります。つまり原価のほとんどが社員に対する給料ということです。下記の画像を見てください。

 裏を返せば、それ以外はコストがほとんどかからない儲けやすいビジネスといえます。だからこそ、社員に高額の給料を支払っても高い利益率を維持できるのです。

 世の中にあまたあるM&A仲介会社の中で、M&Aキャピタルパートナーズの特徴は着手金無料という点です。

 一般的には、着手金が支払われてから譲渡先候補を選定するのが普通です。会社の譲渡(売却)を考えている中小企業経営者にとっては、買い手が見つかるとも限らないのに、事前に報酬を支払うのは抵抗があるでしょう。

 そこで、着手金を無料にし、譲渡先企業との基本合意がなされて初めて報酬が発生するというスキームにしたのです。

 つまり、成功報酬型にすることで、譲渡を考えているオーナーの心理的ハードルを下げ、たくさんのM&A案件を抱えることに成功しました。

  M&A仲介のようなマッチングビジネスは、顧客(売り手と買い手双方)をたくさん抱えている仲介会社に依頼が集まるのが通常です。顧客が少ない仲介会社よりマッチング率が高まるからです。

 さらに興味深いのが、人件費の内訳です。

1/3ページ

最終更新:1/19(日) 6:01
ダイヤモンド・オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事