ここから本文です

ただ今、Yahoo!ニュース 個人が表示されにくい不具合が発生しております。復旧まで今しばらくお待ちください。

マンU、ポルトガル代表MFフェルナンデスの獲得失敗か 98億円の支払い要求を拒否

1/19(日) 8:10配信

Football ZONE web

補強候補のファーストチョイスながらスポルティングに対して値下げを要求

 マンチェスター・ユナイテッドはスポルティングCPのポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデス獲得交渉を行っているが、どうやら移籍金額で折り合いがつかずに停滞しているようだ。スポルティングが8000万ユーロ(約98億円)の値札をつけているのに対し、ユナイテッドは値下げを要求しているという。英公共放送「BBC」が報じた。

【移籍一覧】2019-20退団&新加入選手|海外リーグ冬の移籍市場

 ユナイテッドは現在、フランス代表MFポール・ポグバやスコットランド代表MFスコット・マクトミネイといった中盤の攻撃的な選手が負傷離脱中。即戦力のプレーヤーを求めており、フェルナンデスに白羽の矢が立った。

 すでにフェルナンデス本人とは個人合意に達していると報じられ、残すはクラブ間での交渉だが、移籍金を巡って折り合いがつかずの状況だという。スポルティングは25歳のMFの移籍金を8000万ユーロと設定したが、ユナイテッドはこの条件を拒否。ユナイテッドにとっては補強候補のファーストチョイスとはいえ、要求されている高額移籍金には合意していないようだ。

 冬の移籍市場も残すところ2週間を切ったが、待望のセンターハーフ獲得は実現するのだろうか。

Football ZONE web編集部

最終更新:1/19(日) 8:10
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事