ここから本文です

ジダン、セビージャの判定非難に反論「あれはファウル。発言は少し度を超している」

1/19(日) 9:24配信

フットボールチャンネル

 レアル・マドリーは現地時間18日、リーガエスパニョーラ第20節のセビージャ戦で2-1の勝利を収めた。セビージャ陣営は判定に対する不満を語っているが、ジネディーヌ・ジダン監督は妥当なジャッジだったと感じている。スペイン『アス』が、レアル・マドリー指揮官のコメントを伝えた。

【画像】レアル・マドリーの基本フォーメーション

 0-0で迎えた29分、セビージャはセットプレーでゴールネットを揺らした。しかし、その前にマークについていたエデル・ミリトンが相手選手と接触していたため、主審は映像で確認。これをオブストラクションとジャッジし、得点を認めなかった。

 この判定にセビージャのフレン・ロペテギ監督は怒りのコメントを残した。さらに、スポーツディレクターのモンチ氏も判定に対して不満を爆発させている。

 ジダン監督は問題となっているシーンについて、「あれはファウルだ。彼らには文句を言う自由がある。ただ、言ったところで何も変わらない。判定は利益になることも不利益になることもある。決めるのはレフェリーだ」と語った。

 モンチ氏は後半にセビージャが決めたゴールの際にもVARでの確認があったことについて、「あれも認めなければチームを引き上げさせたかもしれない」と話していた。

 ジダン監督はセビージャ幹部の発言について、「何を言っても、彼自身の責任で、決めるのはレフェリーだ。彼が言ったことは少し度を超していると思うが、セビージャのディレクターが何を言うのも止めるつもりはない」と語っている。

 厳しいセビージャとの一戦に勝利したレアル・マドリーは、19日にグラナダ戦を控えるバルセロナとの勝ち点差を3とし、暫定首位に立った。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:1/19(日) 9:24
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ