ここから本文です

日曜劇場『テセウスの船』主演の竹内涼真「『ど真ん中を行きますよね?』って、よく言われるんです」

1/19(日) 6:10配信

週プレNEWS

役者デビューは2013年、20歳のとき。一般的には"かなり遅いスタート"だ。それがわずか6年と少しで、TBS日曜劇場の主演にまで上り詰めた。どこにでもいそうで、絶対にいない。しなやかで強靱な26歳の魅力に迫った。

【写真】『テセウスの船』について語る竹内涼真

* * *

最適解。竹内涼真はそれを見つける嗅覚に長けている俳優だ。

「今、SNSとかネットニュースの世界って、ちょっと意地悪な感じがするときってあるじゃないですか。そこは納得できないという思いと、仕方がないなという思いと両方あります。できる範囲で悪あがきしたいし、でも、そういう風潮に逆らいすぎてもよくないし」

ルックスと人気からアイドルのように見られることもあるし、役柄上「いい人」に見られがちだ。だが、そうした世間の見方にも逆らわない。

「そこは見ているお客さんが決めること。それに、いい人と思われることはありがたいことじゃないですか。ただ、役のイメージがそのまま自分のイメージになるのはちょっと怖いなとは思います。だからといって、めちゃくちゃ悪いやつの役をやって無理にそのイメージを壊そうとも思わないです。

ただ、自分はこうしていきたいんだ、というのは発信し続けないとただの操り人形にいつの間にかなっちゃう気もします。求められることに応じるのはとても大事なんだけど、それだけだとつまらないじゃないですか。そこは自分が勝負しなきゃいけないところだと思ってます」

一見すると角のない、ツルリとした青年に映る。だが、内面には確かな凹凸(おうとつ)があった。

「そりゃあ僕だっていろいろと考えます(笑)。考えないと......っていう感じです」

しなやかで、強靱な26歳。1月から始まる日曜劇場『テセウスの船』の主役の座を射止めた。日曜劇場といえば『半沢直樹』や『下町ロケット』など数々の大ヒットドラマを生んだTBSの伝統と実績を持つ枠だ。

役者デビューは2013年、20歳のとき。それからわずか6年と少しでの大抜擢(ばってき)である。竹内が演じるのは連続毒殺事件の犯人を父に持つ息子の役だ。

「今回、いろいろな人に父と子の関係を聞いて、あるひとつの答えに行き着いたんです。それは『結局、父と子は似てくるんだよね』っていうこと。僕が演じる主人公は父親が殺人事件の犯人なんです。その恐怖、その衝撃を保ちながら演技をするようにしているので、ものすごく集中力を要しますね」

1/3ページ

最終更新:1/20(月) 11:30
週プレNEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ