ここから本文です

台湾の「中国化」を阻止した香港からの檄、総統選現地ルポ

1/20(月) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 この総統選は、台湾のみならず東アジアの命運を握るものだった。香港で反政府デモの嵐が巻き起こるなか、台湾の民意は中国の介入に「NO」を突きつけた。実に投票率74.9%。自由と人権を守るための熱い戦いを、長く台湾情勢を取材し続けているジャーナリスト・門田隆将氏が報告する。

【写真】台湾で与野党陣営ともに取材する門田隆将氏

 * * *
 1月11日午後9時。台北市中正区北平東路の民進党本部前に設えられたステージの前には、4年前の総統選に勝るとも劣らない数の群衆が詰めかけていた。 開票が進むにつれ、蔡英文の得票数が史上最多の800万票に迫っていた。立法院選も、民進党が過半数を超えることは確実になっていた。

 当確が出る度に、大歓声が巻き起こる。異様な熱気の中、ステージの上でスタッフが勝利の雄叫びを上げていた。

「われわれ台湾人は自由を守り抜いた! 蔡英文は、ここ台湾が自由で民主の地であることを世界に示したんだ」

「ここには香港の人たちも沢山来てくれている。香港を取り戻せ! 時代の革命だ! 台湾はあなたたちを応援する!」

「私たちは投票によって香港のために声を上げた。それは私たち台湾のためでもある!」

 民進党の緑の旗に交じって、「光復香港 時代革命」という旗が打ち振られていた。黒地に白い文字の香港デモ隊の旗だ。

 ああ、香港からこんなに多くの若者が来てくれていたのか。喜びに満ちた彼らの表情を見て、私は胸が熱くなった。まさに彼らこそ、蔡英文勝利の立役者であり、「真の主役」だったからだ。

 午後9時40分、待ちに待った蔡英文がステージに姿を現わした。支持者の興奮は頂点に達した。

「おめでとう! ありがとう!」──大歓声の中、蔡氏が演説を始めると群衆が静まり返った。

「私たちは引き続き、台湾を守り、民主を堅持し、改革を進めます。皆さん、私たちが全員でこの“自由の地”“民主の城”を守り抜いたのです。同時に全世界の民主国家も、そして多くの香港の友人たちも今日、私たち全員で決したことを喜んでくれていると信じます」

1/5ページ

最終更新:1/20(月) 16:39
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ