ここから本文です

球団史に残る安打記録。節目は本拠地甲子園で…去就注目の鳥谷敬が阪神でうち立てた偉業

1/20(月) 11:01配信

ベースボールチャンネル

今オフ、鳥谷敬内野手が16年間にわたって支えてきた阪神タイガースを退団した。2020年も現役を続行する意思を表明しており、その去就が注目されている。全5回にわたって、阪神時代に成し遂げた偉業を紹介する。第3回は、球団最多安打記録だ。

2019-2020年プロ野球12球団現役引退、戦力外、自由契約選手一覧

2000安打と藤田平氏超えの球団記録

 2017年9月8日の横浜DeNAベイスターズ戦で、阪神の生え抜き選手としては藤田平氏以来2人目の2000安打を達成。名球会入りを果たした。

 鳥谷は、ルーキーイヤーの2004年、開幕戦(対巨人・東京ドーム)に「7番・遊撃」でスタメン出場を果たすと、8回に左前に運び、プロ初安打をマーク。この一本から安打を積み重ねていった。

 そしてプロ14年目の2017年、本拠地甲子園で見事2000安打目を記録。2018年10月4日には再び甲子園で、藤田平氏の持つ球団記録を塗り替える2065安打目をマークした。

 2019シーズンを終え、積み上げた安打数は2085本。現時点でNPB歴代36位の数字となっている。遊撃手で言えば、石井琢朗氏、宮本慎也氏、松井稼頭央氏らレジェンドの名前が並ぶ。鳥谷もその一角として、球史に名を刻んでいる。


<阪神タイガース在籍通算安打ランキング>
1位 鳥谷敬 2085安打
2位 藤田平 2064安打
3位 吉田義男 1864安打
4位 和田豊 1739安打
5位 藤村富美男 1694安打
6位 真弓明信 1674安打
7位 掛布雅之 1656安打
8位 金田正泰 1527安打
9位 岡田彰布 1485安打
10位 遠井吾郎 1436安打

ベースボールチャンネル編集部

最終更新:1/20(月) 13:19
ベースボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ