ここから本文です

日本代表どこよりも早い採点、森保一監督まとめ(1)。U-21を率いた18年アジア大会の評価は?

1/20(月) 7:11配信

フットボールチャンネル

 森保一監督の日本代表と五輪代表チームの兼任が発表されてから、約1年半が経過しようとしている。AFCアジアカップ2019では準優勝とまずまずの成績を収めていたが、今年最初の公式戦となったAFC U-23選手権(東京五輪アジア最終予選)では、まさかのグループリーグ未勝利に終わり、最下位で大会を去るなど、森保監督への評価は時間が経つごとに低下している。非常に厳しい状況だ。今回は、フットボールチャンネルでお馴染みとなっている「どこよりも早い採点」から、森保監督これまでの歩みを振り返っていく。第1回は2018年に開催されたアジア競技大会(U-21日本代表)。

【決勝トーナメント表】サッカー AFC U-23選手権

アジア競技大会・GL3試合

【U-21日本代表 1-0 U-23ネパール代表 アジア競技大会グループリーグ第1節】

 日本サッカー協会(JFA)は昨年7月26日、日本代表の新監督に森保一氏が就任することを発表。同指揮官は2017年に2020年東京五輪代表監督にも就任していたが、そちらを手放すわけではなく、「兼任」という形でA代表も率いることになった。A代表と五輪代表の兼任は、フィリップ・トルシエ氏に次ぐ2人目である。

 その森保監督にとって、兼任監督就任後初となる試合が昨年8月14日に行われたアジア競技大会のグループリーグ第1節、U-23ネパール代表戦であった。

 格下相手に大量得点を奪うことが期待されていた森保ジャパンは、試合開始早々に先制ゴールを奪う。7分、右サイド高い位置でボールを持ったMF渡辺皓太のパスにMF長沼洋一が反応。同選手からの折り返しをMF三笘薫が流し込んだ。

 しかし、その後は攻撃陣が停滞し、得点を奪うことができず。結局、試合は1-0のまま終了している。この試合の森保監督の採点は以下の通り。

森保一監督 5 大量得点の欲しい展開だったが、膠着した流れを変える具体策を提示できなかった

【U-21日本代表 4-0 U-23パキスタン代表 アジア競技大会グループリーグ第2節】

 森保一監督は、U-23ネパール代表戦からメンバーを8人変更している。先発にはFW岩崎悠人やMF神谷優太、FW前田大然といった選手が名を連ねた。

 試合は開始から間もなくして大きく動く。2分、DF岡崎慎のロングフィードに抜け出した岩崎が相手GKとの1対1を制して先制ゴールを奪取。9分にはDF大南拓磨のクロスをペナルティエリア内で受けたFW旗手怜央が胸トラップから左足を振り抜き2点目を挙げた。さらにその1分後には、旗手のスルーパスを受けた前田が左足でゴールネットを揺らす。森保ジャパンはわずか10分間で3得点を奪ったのである。

 35分には、旗手のパスを受けた岩崎が相手DFを交わしてこの日自身2点目を奪取。前半からエンジン全開で挑んだ森保ジャパンは、4-0で45分間を終えている。

 後半は追加点を奪うことができなかったが、守備陣は失点を許さず4-0で勝利。決勝トーナメント進出を決めた。この試合の森保監督の採点は以下の通り。

森保一監督 6 初戦で出た課題に対する解決策をピッチ上に落とし込み2連勝に導いた

【U-21日本代表 0-1 U-23ベトナム代表 アジア競技大会グループリーグ第3節】

 グループ2連勝同士の対決となったこの試合は、立ち上がりの3分に動く。ショートカウンターから最後はクゥワン・ハイがゴールを決め、U-23ベトナム代表がゴールした。

 その後も相手のハイプレスに苦戦した森保ジャパン。パスを繋ごうにも相手の素早いアクションに対し何もできなくなり、全体の勢いが完全に失われていた。試合中の修正力もなく、前半はシュート数わずか1本。後半はシステム変更で一時は流れを取り戻したものの、最後までゴールは遠かった。

 0-1で敗れた森保ジャパンは、グループリーグ2位で決勝トーナメントへ。課題が浮き彫りとなった試合だった。この試合の森保監督の採点は以下の通り。

森保一監督 5.5 ベトナムに力の差を見せつけられた。システム変更は流れを変えたがゴールにつながらず

1/4ページ

最終更新:1/20(月) 7:11
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事