ここから本文です

愛される夫は、妻と”共感型”の会話をする

1/20(月) 11:51配信

PHP Online 衆知(Voice)

脳科学の分野から、”夫”と”妻”の脳の構造の違いを説き、大ベストセラーになった『妻のトリセツ』『夫のトリセツ』。今回は、著者・黒川伊保子さんに、妻をイライラさせる夫の行動心理を説明してもらった。夫婦が分かり合う方法とはいかに。(聞き手:『Voice』編集部・中西史也)

※本稿は月刊誌『Voice』2020年2月号、黒川伊保子氏の「『夫は気が利かない』は濡れ衣だ」より一部抜粋・編集したものです。

「話の呼び水」を意識せよ

――女性が得意な共感する力を男性が高める方法はありますか。

【黒川】 共感型の会話を日ごろから実践することです。

それは2種類あって、1つは「話の呼び水」と言われる何気ない日常の会話。

できれば、「今日、バスに間に合わなくて20分も待たされたよ」といったトホホ話がいい。さらに「でも、バスの待ち時間に美味しそうなパン屋があったから、君のために買ってきたよ」とつけ加えられたら完璧です(笑)。

もう1つは、社会的出来事がテーマの会話。これは政治でも芸能ネタでもいいのですが、お互いがどう思うのかを共有し合うんです。

男性は目的や結論がない日常会話が苦手なので、とっかかりとしてニュースは活用しやすいでしょう。

――たしかに日ごろのニュースから、妻との会話のきっかけをつかむのはいいかもしれませんね。

【黒川】 男性が共感型の対話を苦手とするのは、日本ではそういった会話を母親が息子とあまりしないことも背景にあります。

母親が「宿題やったの」「学校どう?」と聞くのは、家に帰ってきた夫が、「飯できてるか」「今日は何してた」と聞くのと同じです。

母親はそうした目的指向型の会話ではなく、「話の呼び水」となる自らの日常を話したり、「あの事件どう思う?」と息子の意見を聞いてあげたりすることが大切です。

ビジネスでも役立つ共感型の会話

――まさに「息子のトリセツ」ですね。共感型の会話は夫婦だけではなく、家族関係や恋愛、ビジネスにおいても応用できそうです。

【黒川】 目的指向型と共感型の双方を使い分けられたら理想ですね。ビジネスでは基本的に、まず結論から述べ、数字に基づいて話すことが求められます。

それでも、たとえば営業で得意先に行くときには、「話の呼び水」を使った共感型の会話が有効なときもあるでしょう。

家庭内では、夫が共感型の会話を磨けるように夫婦が協力すれば、自然なコミュニケーションが生まれます。

世の夫婦が末永く仲良しでいるために、まずは『妻のトリセツ』と『夫のトリセツ』を読んでほしいと思います(笑)。

黒川伊保子

最終更新:1/20(月) 11:51
PHP Online 衆知(Voice)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ