ここから本文です

アーユルヴェーダの国・スリランカで習ったヘルシー豆カレー

1/20(月) 20:50配信

ESSE-online

旅行ジャーナリスト小野アムスデン道子さんが世界中を巡って出合った「名店の味」をレポート。家でも再現できるレシピをご紹介します。

業務田スー子考案!究極の時短「5分カレー」が神

今回は、インド洋の真珠と呼ばれる美しい島国スリランカ。今回は「カルナカララ・アーユルヴェーダ・スパ・リゾート」で、体に優しい豆カレーを習いました。

スリランカ直伝。アーユルヴェーダの豆カレーのレシピ

スリランカの伝統医療であるアーユルヴェーダ。
アーユルヴェーダツアーを数多く催行する旅行会社PINKに「日本人マネジャーもいるし日本語の話せるスタッフが多い」と教えてもらったのが、「カルナカララ・アーユルヴェーダ・スパ・リゾート」です。

コロンボ空港から車で約30分、川沿いにあって緑に囲まれたカルナカラでは、アーユルヴェーダのドクターに体質診断をしてもらい、体に合った食事や1日2回のアーユルヴェーダのトリートメントを受けるなど、健康と生活を見直す機会になる滞在ができます。トリートメントの合間にはヨガやクッキングクラスなど、さまざまなアクティビティも。

クッキングクラスでは、敷地の中に再現された伝統的なスリランカの家屋のキッチンで、「ダルカレー(豆カレー)」を教えてもらいました。
炒めるという手順がなく、全部投入して煮るだけ。10分もあればできてしまいます!

教えてくれたシェフは、ジャンタさん。

●ダルカレー

【材料(2人分)】
・スリランカ産ダル豆  100g 2~3回水洗いしてから使います。
・ランパ(ローリエで代用) 3~4cm
・カレーリーフ 5枚 (なければ乾燥カレー粉1さじ) 小さじ1
・ニンニク 2かけ 細かく刻む
・塩 小さじ1/2
・ターメリック 小さじ1/2
・フェヌグリーク 小さじ1(スパイス。カレーらしい香りと苦味、甘い香りも。なければシナモンスティックもしくはコリアンダーシードで代用)
・チリ 小さじ1
・タマネギ 30g
・ココナツミルク 70~100ml

【つくり方】
材料を鍋に全部投入して10分程度煮て、塩で味を整えるだけ(インド産のダル豆は、種類によっては20~30分の場合もあります)。

1枚目の写真中央の丸いのは、カレーをつけて食べるクロッカンロティ(クロッカン粉・刻み生ココナツを塩水で練って焼いたもの)。右手にあるカレーリーフを使った緑色のペーストをつけて食べてもおいしいです。
クロッカンがなければ、ライスやナンも合います。

●カレーリーフのペースト

【材料】 
・カレーリーフ 100g
・ガーリック 25g
・オリーブオイル 30ml
・マンゴーチャツネ 25g
・塩、コショウ 少々(お好みで)

材料をすべてミキサーにかければでき上がり。

こちらでは、ハーブガーデンもあって新鮮なハーブを刻んだり、つぶしたものを使用。なければ乾燥ハーブで代用して。
ココナツミルクを煮てつくった豆のカレーはとてもヘルシーです。ぜひお試しを。

<取材協力/カルナカララ・アーユルヴェーダ・リゾート、旅行会社(株)PINK 撮影・取材・文/小野アムスデン道子>

最終更新:1/20(月) 20:50
ESSE-online

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ