ここから本文です

「LGBTを摘発せよ!」 英国で男性約200人レイプした男のいた街の市長、当局に指示

1/20(月) 12:37配信

ニューズウィーク日本版

190人以上をレイプをしていたインドネシア人が終身刑に。衝撃的なニュースを受け犯人が学生時代を過ごした街の市長がとった行動は──

インドネシアの首都ジャカルタ郊外に位置する西ジャワ州デポック市は首都圏のベッドタウンとして、また最高学府でもあるインドネシア大学の広大なキャンパスを抱える文教地区でもある。

[動画] 男性約200人をレイプした男とは?

そのデポック市の市長が市内に在住する性的少数者である「LGBT」の人びとやLGBTを支援する活動をしている団体などを厳しく取り締まり摘発する方針を明らかにし、早速国家人権委員会「コムナスハム」から方針の撤回を求められているほか、国際的人権団体などからも批判を浴びるなど物議を醸している。今回の動きには英国でのインドネシア人男性留学生による同性強姦事件も影響しているという。

同市長が示したLGBTの人びとへの厳しい方針は以前からあった。デポック市は2012年に市条例として「公共の場での不道徳な行為の禁止」を決めた。これは公の場で同性同士がキスしたり抱擁したりすることを「市民がそういう情景をみることを望んでいない」として禁じたもので、明文化してはないもののLGBTの人びとを対象としたものであるのは明らかだった。

さらに2019年7月にはLGBTの人びとの権利を制限する条例案が一部野党から議会に提出される動きも明らかになった。その際の野党の言い分は「デポック市でHIV感染者が急増しており、関心がある市民からLGBTの人びとの行動に疑問や不安が出ている」というものだった。

いずれも市民の不安や懸念という「公の関心」を前面に出して、少数派LGBTの行動や権利を制限しようとするもので批判も大きかった。

野党が主張したデポック市でのHIV感染者は同市保健局による2014年に49人だったのが2015年に146人、2016年に278人、2017年に372人と急増しているという統計だった。

しかしこうした野党の主張には当時の政府も「HIV感染者とLGBTの人びとを直接結びつける証拠はない。こうした指摘は人権侵害である」との立場を示し、デポック市の動きを牽制した経緯がある。

1/3ページ

最終更新:1/20(月) 12:51
ニューズウィーク日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ