ここから本文です

【まさかの原田哲也 vs 坂田和人!?】王者たちの祭典がサーキット秋ヶ瀬で開催された[2&4輪]

1/20(月) 8:20配信

WEBヤングマシン

GTドライバーはカートでガチンコ勝負

2020年1月19日、埼玉県のサーキット秋ヶ瀬でとんでもないチャリティイベントが行われた。1993年のWGP250ccクラス王者の原田哲也さんと、4輪のGT選手権などで通算7度のタイトルを獲得した本山哲さんが発起人となり、レジェンド級ライダー&ドライバーに現役トップクラスを揃え、普通ではあり得ない超夢空間をつくり上げたのだ!

【写真をまとめて見る】

台風19号の被害に遭ったサーキット秋ヶ瀬を救え!

「2020秋ヶ瀬新春祭り」と題されたチャリティイベントが2020年1月19日に開催された。関東も山間部は雪に見舞われた翌日の日曜日、早朝の冷たい空気の中でスタートした同イベントは、太陽が昇り暖かな小春日和となった日中の気温以上に、さらなる熱気を帯びていった。

2019年秋の台風19号は全国各地に豪雨をもたらしたが、荒川の土手よりも内側という立地のサーキット秋ヶ瀬も被害を受けていた。路面は泥にまみれ、サーキット設備や備品も多くが流され、営業再開までには時間を要した。サーキット秋ヶ瀬で育ち、プロの道へと巣立っていったライダーとドライバーにとっても、“故郷”の状況は気がかりだった。

そんななか、全日本カート選手権からフォーミュラーニッポン、全日本GT選手権へと駆け上がっていったプロドライバーの本山哲さんが、WEBヤングマシンコラムでもおなじみのWGP250ccクラス世界チャンピオンの原田哲也さんとの会話の中で「何かできないか」、「じゃあ、イベントをやろう」となったのだという。

〈発起人となった原田哲也さん(左)と本山哲さん(右)。本山さんもバイクの経験があり、今回のレンタルバイク耐久レースに参戦予定だったが怪我により断念。でも、バイクのレーシングスーツもお似合いです!〉

レジェンドふたりが発起人となることで、声をかけて集まったメンバーも普通ではあり得ないほどの豪華な面々に。ライダー界からは、1994年&1998年のWGP125ccクラス世界チャンピオンの坂田和人さん、1995年&1996年の同クラス世界チャンピオンの青木治親さん、そして全日本のなんらかのクラスでチャンピオンを獲得または勝利を挙げたライダー、現役で世界選手権のMoto2やMoto3に参戦しているライダーが次々と参加を表明したのだ。

参加ライダーは以下の通り(順不同・敬称略)。長島哲太、小椋藍、浦本修充、水野亮、名越哲平、榎戸育寛、加賀山就臣、岡崎静夏、岩田悟、小室旭、村瀬健琉、武田雄一、亀谷長純、井筒仁康、鈴木竜生、福田充徳 。

そして参加ドライバーは、日本一速い男・星野一義さんの息子である星野一樹をはじめ、道上龍、武藤英紀、安田裕信、平中克幸、牧野任祐、千代勝正、佐々木大樹という面々だ。

1/5ページ

最終更新:1/22(水) 12:28
WEBヤングマシン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事