ここから本文です

【シュートボクシング】村田聖明が激闘派の増井侑輝と対戦、バンタム級上位ランカー対決も

1/20(月) 13:44配信

ゴング格闘技

2020年2月15日(土)東京・後楽園ホールで開催される2020年シリーズ開幕戦『SHOOT BOXING 2020 act.1』の追加対戦カードが発表された。

【写真】ラウェイファイターを撃破した村田

 出場が決定していたSB日本ライト級1位・村田聖明(シーザージム)の対戦相手は増井侑輝(真樹ジムAICHI)に決定。

 増井は多くのタイ人トレーナーを抱えている真樹ジムAICHIでムエタイテクニックを学び、左ミドルを得意とする26歳。これまでにJ-NETWORKでタイトルに挑戦した実績があるほか、ホームのMA日本キックボクシング連盟を始めとして常に複数団体の上位ランカーとして活躍し、勝っても負けてもKO決着の多い激闘ファイターとして知られる。これまでSBに2度参戦し、2019年6月の初参戦ではSB日本ライト級王者・西岡蓮太に判定負けも、8月にはSB日本スーパーフェザー級4位ポッシブルKを左ハイキックでKOしている。

 その増井を迎え撃つ村田は無尽蔵のスタミナから繰り出される手数を武器に、2017年9月にSB日本スーパーフェザー級王座を獲得。2階級制覇を狙い、昨年9月にSB日本ライト級王座決定戦で西岡蓮太と対戦。7Rに及ぶ大接戦の末に敗れたが、前口太尊、マサ佐藤戦、山口裕人といった国内強豪との一戦を次々とクリアー。前戦となった昨年12月大会では、ラウェイ戦士・東修平にフルマークの判定勝ちを収めている。

 また、SB日本バンタム級の上位ランカー対決として同級1位・佐藤執斗(グラップリングシュートボクサーズ)と同級2位・伏見和之(シーザー力道場)が激突。川上叶が保持する王座挑戦に向けて前進するのはどちらか。

最終更新:1/20(月) 13:44
ゴング格闘技

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ