ここから本文です

石川さゆりの前座だったたけし、『紅白』で自ら挨拶に出向く

1/20(月) 20:31配信

SmartFLASH

 1月17日放送の『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、岡村隆史が、1月19日スタートのNHK大河ドラマ『麒麟がくる』で共演する石川さゆりから聞いた、ビートたけしのエピソードを明かした。

 1980年代の漫才ブームよりも前の時代に、石川のコンサートの前座をたけし率いるツービートが担当していた。

 岡村によると、石川は当時、ツービートに対して、「あの方たちって、なかなかのお笑いするでしょ。だから、『あんまり私のときには、そういう過激なやつしないで』って言ったの」と話していたという。

 たけしは心配性で、自分の考えたネタをずっと反復練習しており、石川は「ちょっと心配症なぐらいの人の方が、上の方に行くのよ」と指摘。

 そんな関係のため、昨年末の『紅白歌合戦』では両者が出演したが、岡村は「たけしさんが石川さゆりさんのところへ行って、『おはようございます』って挨拶してはって」とたけしの方から挨拶に出向いたことを語っていた。

『紅白』に初出場したたけしは、特別企画として自身の漫才師としての歩みを歌った『浅草キッド』を熱唱。偶然にも石川はその次にステージに立ち、『津軽海峡・冬景色』を堂々と歌い上げた。

 2019年12月29日におこなわれたリハーサルでは、石川はたけしとの関係に「懐かしい。若い頃は一緒にステージをやったりしたので」と回想していた。

 年齢的にはたけしのほうが10歳以上も上だが、若手時代の石川への恩義を大切にしているのだ。

最終更新:1/21(火) 12:21
SmartFLASH

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ