ここから本文です

TWICEリーダーの発言で炎上した「○○○」とは? 韓国に広がる男女間ヘイトの炎

1/20(月) 19:06配信

ニューズウィーク日本版

芸能人の発言の炎上はよくあることだが、TWICEジヒョの発言は、韓国社会で問題の男女間の格差意識を刺激した

K-POPアイドルのなかで、日本で今一番活躍しているガールズグループといえばTWICEというのは誰もが認めるところだろう。CMやテレビの音楽番組はもちろん、2017年から3年連続紅白歌合戦出場、2018年にはレコード大賞優秀賞も受賞している。メンバー構成も韓国から5人、日本から3人、台湾から1人と国際色豊かなのも特徴だ。その中の韓国人メンバーでありリーダーを務めるジヒョの発言が今韓国で波紋を呼んでいる。

[動画] TWICEミナ、涙の仁川空港

ことの発端は、昨年12月4日ナゴヤドームで開催された音楽イベント「2019 MAMA(Mnet Asian Music Award)」に参加したTWICEが、女性グループ賞などを受賞したのにもかかわらず、ジヒョはパフォーマンスだけ参加し、授賞式には姿を見せていなかった。これについてネット上で様々な憶測が飛び交い、彼女の恋人でK-POPアイドルのカン・ダニエルを引き合いに出してバッシングするような噂話まで勝手に作られ流されてしまったのだ。

<チャット中にカッとなって......>

怒ったジヒョは、1月5日「NAVER V LIVE」でファンたちとの生ライブチャット中、途中退席したことに触れて、「かまってちゃんたちが“ウンエンウン“言ってくるので申し上げますけれど、ただ体調が悪かっただけなんですよ。笑。悪かったわね。 (炎上する)ターゲットになるものがあったら、もっと面白かったでしょうにね」と、若干自虐めいた皮肉のコメントを発信した。この「ウンエンウン」という単語が問題視され、ジヒョはその後謝罪文を公表するまでになってしまった。

なぜ、この「ウンエンウン」という単語が問題視されたのか? ジヒョは、チャット上では「ウンエンウン=ごちゃごちゃ言ってくる/うるさく突っ掛かってくる」と言う意味で使用している。

これに対し一部ネット上の意見では、知的障がい者の喋る様を表している差別用語だという批判もあったが、拒否反応を示す人たちの多くは、この新造語がフェミニズム・コミュニティーサイトで男性たちの主張を揶揄するときに使用されているため、ジヒョが男性嫌悪主義者なのではないかと批判が集中したのだ。

1/3ページ

最終更新:1/20(月) 20:24
ニューズウィーク日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ