ここから本文です

コスプレイヤーグラドル紗雪、包帯衣装をアピール

1/20(月) 4:30配信

ザテレビジョン

コスプレイヤーとして活躍中のタレント・紗雪が、2019年12月20日にファーストDVD「さゆKISS」(ラインコミュニケーションズ)を発売。東京・秋葉原でファンイベントを開催し、囲み取材に応じた。

【写真を見る】包帯を巻かれた紗雪

昨年10月頃、沖縄で撮影された本作。紗雪は「沖縄に行くのが初めてだったので、何もかもが楽しくて(笑)。特にご飯を食べるのが楽しみだったので、撮影の合間を縫って、おなかが出ない程度のご飯を楽しみました」と笑顔であいさつした。

チャプターごとにさまざまなシーンが展開されていく本作。印象的なシーンについて「プールで平泳ぎをしたんですけど、『泳ぐのも撮影するんだ』と思いました(笑)。スイミングには通っていたのである程度は泳げます。溺れない程度に(笑)。

あとは“彼シャツ”で撮影もしたんですけど、布団の中に潜ってツンツンしたり(笑)。今までそういうことはやったことがなかったので、『こういう感じなんだな』と思って、私も楽しめました(笑)」と撮影を振り返った。

コスプレイヤーとしても活動している紗雪。今作ではがっつりコスプレ衣装は少ないものの、「一番コスプレっぽいのは、ナースの衣装で、元々ナース服を着ていて…脱ぐ。

妄想の世界で、包帯の女の子になる。それはコスプレらしいのかなと思います」と包帯を巻かれた衣装(?)をアピールした。

今回が初めてのDVDということで、苦労したシーンについて尋ねてみると「お風呂のシーンで、その直前に床に手をついたときに手のひらに小さな傷を作ってしまったので、『今からボディーシャンプーを取って洗ってください』って言われた際にめちゃめちゃしみて(笑)。

すごい痛いと思いながらも、表情に出してはいけないと思って、ニコニコ頑張りました」と、ほのぼのエピソードを披露していた。

(ザテレビジョン)

最終更新:1/20(月) 4:30
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ