ここから本文です

見た目も衝撃的!超ローカルな中華料理「鉄鍋炖(テッカトン)」

1/20(月) 15:00配信

ウォーカープラス

中華料理は、日本でもポピュラーな料理。餃子、春巻き、炒飯、麻婆豆腐…いや~挙げたらキリがない!でも!まだまだ日本で知られていない、絶品中華料理があるんです。

【写真を見る】鮮やかな緑の看板が目印

それは…「鉄鍋炖(テッカトン)」!

ね?聞いたことないでしょう?中国の東北地方の郷土鍋料理で、この地方出身の中国人以外はあまり知らないんだそう。そんな超!がつくローカルな料理なので、日本で提供しているお店は本当に少ないのですが、今回は中国の留学生がよく行くという、「鉄鍋炖」のお店を教えてくれました。

大阪メトロ日本橋駅から5分程度のところにある「HOTEL NANIWA」

目的地はこのホテルの中にあります。入口はロビー脇にある地下への階段。

「盛興順」という店名の看板が目印です。

店内はまさに中華料理屋といった感じ。

特徴的なのが、この机に備え付けられた大きなお鍋!これを使って調理していきます。

そしてこちらが「鉄鍋炖」のメニュー。

今回は「ニワトリの鉄鍋煮込み(5980円)」を注文。お鍋に5980円、高くない!?と思われるかもしれませんが、この料理、ボリュームがスゴイんです。普通は4~5人でシェアするので実質一人1500円程度。そう考えれば割とリーズナブル。

まずはお鍋にスープとお肉を豪快に投入!本場の中華料理独特の八角が効いた香りが広がります。グツグツと煮えたら…蓋を開けて…

バチーン!なんと鍋のへりにお餅を貼り付けました!これこそがこのお鍋の特徴!このお餅は「大餅子(ダービンズ)」といって、とうもろこしが原料。

鍋のへりに貼り付けることで、スープの蒸気を吸いながら焼き上げられ、大きく膨らんで、しっとりもっちりした食感に!

完成!

お肉の他に、春雨やキノコもたっぷり入っていて美味しそう!この具と大餅子をいっしょに食べるのが本場流。

スープは、醤油ベースで中華の香辛料が効いたお味。唐辛子も入っていてすこし辛め。でも、大餅子がほんのり甘めなので、一緒に食べると甘辛のハーモニー。動画では2人が更に詳しく紹介してくれていますよ。これはぜひとも日本人に知ってもらいたい絶品メニュー!皆さん行ってみてくださいね!

(関西ウォーカー・西野 智美(ピー・キューブ))

最終更新:1/20(月) 15:00
ウォーカープラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事