ここから本文です

「気分が良くないとしたら…」 クロップ監督、マンU撃破でリバプールファンに一言

1/20(月) 16:30配信

Football ZONE web

ファン・ダイクとサラーのゴールでユナイテッドに2-0と勝利

 リバプールは現地時間19日、プレミアリーグ第23節でマンチェスター・ユナイテッドと対戦し、2-0で勝利を収めた。いわゆる“ナショナルダービー”での勝利に加え、2位マンチェスター・シティとの勝ち点差を「16」に広げたことで熱狂的なサポーターから優勝を確信したチャントが送られる一幕があったが、英公共放送「BBC」によるとユルゲン・クロップ監督は気を引き締めているようだ。

【動画】DFファン・ダイク、FWサラーがゴール! リーグ第23節「リバプール×ユナイテッド」(2-0)ハイライト

 試合は前半14分にCKからオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクの高い打点のヘディングシュートで先制点をゲット。その後は決定機を逃す場面は多かったものの、終了間際にエジプト代表FWモハメド・サラーがカウンターから追加点を奪い取り、勝負あり。攻守の大黒柱の決定的な仕事によって、宿敵ユナイテッドを寄せ付けなかった。

 FIFAクラブワールドカップ出場のためリーグ戦の消化が1試合少ないにもかかわらず、勝ち点差は“5勝1分”差にあたる16まで開いた。これに気を浴したアンフィールドのファンは試合終了直後に「俺たちはリーグ制覇に向かってるんだ!」との歌声を響かせるほど気をよくしている。

 それについて聞かれたクロップ監督は“らしい”返しをした。「彼らはそれを歌う権利があるよ。もし我々のファンが今、気分が良くないとしたら本当に奇妙なことだからね。彼らは夢を見て、何でも歌える。我々のプレーの瞬間に“仕事”をしてくれる限り、万事順調だ。とはいえ我々はまだそのパーティーの一部ではないよ」

 上機嫌でありながら、手綱を緩めることはないとしている。この試合で前節トッテナム戦に続きベンチ入りした日本代表MF南野拓実は、この日も出場機会が訪れなかった。

 とはいえ、チームは23日にリーグ第24節ウォルバーハンプトン戦が控えている。クロップ監督は「私は今その試合にだけ興味を向けていて、他には何の興味もないよ」と話している。過密日程となるなかで南野に出場チャンスが巡ってくるだろうか。

Football ZONE web編集部

最終更新:1/20(月) 18:57
Football ZONE web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事