ここから本文です

アトレティコが狙うカバーニ、PSGに移籍直訴。レオナルドSDが認める

1/20(月) 17:20配信

フットボールチャンネル

 パリ・サンジェルマン(PSG)のレオナルドSD(スポーツディレクター)は、同クラブに所属するウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニが移籍を希望していることを認めた。仏紙『レキップ』が伝えている。

 PSGで2度のリーグアン得点王に輝くなど活躍を続けてきたカバーニだが、今季はキリアン・ムバッペやネイマール、新加入のマウロ・イカルディらの存在もあって出場機会が減少。移籍の可能性も噂され、特にアトレティコ・マドリーが獲得への動きを見せていると報じられていた。

 レオナルドSDは現地時間19日に行われたクープ・ドゥ・フランス(フランス杯)ロリアン戦の試合後にカバーニについてコメント。「彼は今日出ていくことを要求してきた」と同選手の移籍直訴を認めている。

 レオナルドSDは「アトレティコ・マドリーからのオファーがある」とも明かしつつ、「その後新たな連絡はない。アトレティコとは少し距離がある」とも語り、現状では取引成立に迫ってはいないとも主張。クラブとしてはカバーニの残留を望んでいるという姿勢を示しながらも「今後数日でどうなるか見てみよう」と述べた。

 トーマス・トゥヘル監督も先日、少なくとも今季末まではカバーニに残留してほしいという希望を口にしていた。1月の移籍市場終了までに状況は動くのだろうか。

フットボールチャンネル編集部

最終更新:1/20(月) 17:20
フットボールチャンネル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ