ここから本文です

パラテコンドー日本代表、伊藤力が修造に語った“先生”との出会い。

1/20(月) 8:01配信

Number Web

 パラテコンドーで2020年の東京パラリンピック出場を目指す伊藤力さん。伊藤さんは2015年4月に勤務先の工場で事故に遭い、利き手である右腕を失った。

【秘蔵写真】笑いかけた稲垣、昔から凄い姫野・福岡・松島・田村・堀江に細すぎるリーチ、カッコいい五郎丸、平尾、廣瀬、大畑らの若き日。

 右腕を切断した後、パラテコンドーを始めた伊藤さんはどのような過程を経て強くなってきたのか。2016年7月に東京へ引っ越してきてからの道程を、松岡さんが丹念に掘り下げていく。

 松岡「パラテコンドーに人生を賭けて、真剣にやっていこうというときに専属のコーチがいない。僕もプロアスリートだったからわかるんですけど、自由な時間って持て余すじゃないですか。会社には週2日の勤務で、あとは何をしても自由。その状況に戸惑いはなかったですか」

 伊藤「途方に暮れる感じはありました。色んな方が協力はしてくれるんですけど、やっぱりそこの門下生でもないから、身になる練習はできてなかったですね」

 松岡「今くらいの知識があれば、体幹トレーニングをして、メンタルを鍛えてと、時間はいくらでも埋めていけると思うんです。でも当時、力さんはそこまでトレーニングに詳しいわけではなかったんですね。教わったことを反復しても、せいぜい2時間程度の練習で終わってしまう。きっとタフな時間だったんじゃないかなって」

 伊藤「そうですね。ほんと、充実した練習が積めるようになったのはここ1年半くらいのことです。丸っきりの素人から始めているからやればそれなりに上手くなるんですけど、それをどう実戦に生かしていくかまでは想像ができない。タフな時間だったかといえば、その通りです」

「全日本も開催されないような状況でした」

 松岡「まったく先が見えない中で、日本代表を目指す選手は伊藤さんの他にもいたんですか」

 伊藤「いや、その時は女子の太田渉子さんくらいで、男子は僕1人です」

 松岡「ということは、全日本も出たら優勝と」

 伊藤「全日本も開催されないような状況でした」

「僕の階級は出場したのが2人でした」

 松岡「経歴を調べたら、全日本2連覇とあったからてっきり。これは最近のことですか」

 伊藤「少しずつですけど、男子の選手も増えてきてます。2016年当時は僕しかいなくて、でも協会の予算はあるから色んな大会に連れていってもらえるんですけど、ただそこでも負け続け……。年が明けて2017年2月頭、USオープンでようやく勝つことができました」

 松岡「USオープンって、あのUSオープンですか?」

 伊藤「はい、テニスとかでは憧れの。ただ、パラテコンドーは参加する選手も少なくて、僕の階級は出場したのが2人でした。アメリカ人と僕の2人だけ」

 松岡「エッ? USオープンに2人だけ?」

 伊藤「もちろんオリンピック競技のテコンドーは何千人と出るんですよ。USオープンですから。ただパラの方だと僕の階級は2人だけで、そこで僕が間違って優勝しちゃうんです」

 松岡「優勝!」

 伊藤「相手は見た目強そうなのに、蹴りが入ったら『痛い』って言って、1ラウンドで棄権しちゃった。それで『USオープン優勝』。聞こえはすごいじゃないですか。その結果を見て、日本のマスコミがざわつきだすんです。伊藤というやつがパラテコンドーという新しい競技でUSオープンを制した。車いすテニスの国枝慎吾さんくらいすごい選手が現れたんじゃないかって」

 松岡「ハハハハ」

 伊藤「そこからメディアの取材がめちゃくちゃ入るようになって、僕の知らないところで盛り上がり始めたんです」

1/4ページ

最終更新:1/20(月) 8:01
Number Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事