ここから本文です

航空券の二重予約に注意。フライトが自動キャンセルされるかも

1/21(火) 16:01配信

ライフハッカー[日本版]

何週間か細かく検索を続けて、「ようやくお得な価格の航空券を見つけた」と思っていました。それなのに、その航空券を予約した後で、同じ航空会社で数百ドルも安い、もっとお得な航空券が見つかったのです。

慌てて、次に見つけた航空券も予約しました。そんなお得な航空券はすぐになくなるかもしれないし、米国の主要航空会社のほとんどは、24時間以内であれば無料でキャンセルができる(もしくは似たようなポリシーがある)のを知っていたからです。

ところが、それはいいアイデアではないかもしれません。

2つのフライトを予約して起きたトラブル

「Elliot Advocacy」の掲示板でユーザーのNessさんが、同じような航空券を予約する前に、最初に予約していた航空券をキャンセルした方がいい理由を教えていました。

というのも、Nessさんが類似した2つの往復航空券(往路の出発時刻と日付は違うが、復路は同じフライト)を予約した後で、ユナイテッド航空がNessさんが初めに予約した航空券をキャンセルしたのです。

ユナイテッド航空は、一度は払い戻しに応じましたが、1週間後には払い戻しではなく、今後のフライトを保証しただけでした。

なぜフライトがキャンセルされたのか?

2つの航空券を予約すると、航空会社では「予約が重複している」とみなされます。

ユナイテッド航空の運賃に関する規約によると、「より低い価格で航空券を購入するために、座席をキープしたりブロックしたりする予約」は、航空会社の独自の判断により自動的にキャンセルできるのです。(ただし、ユナイテッド航空の規約では、予約を重複していた人への払い戻しに関しては明言していません)

アメリカン航空も、フライトの予約が重複していた場合、航空会社の予約保留延長をしていたとしても、そのうちの1つをキャンセルします(基本的には、特定のフライトで、24時間を超えてもその時の運賃で航空券をキープできるオプションが受けられますが、重複する予約をした場合は、元の運賃や予約はキャンセルされます)。

1/2ページ

最終更新:1/21(火) 16:01
ライフハッカー[日本版]

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ