ここから本文です

AKB48リクアワ詳報、1位はHKT48田中美久・松岡はな・田島芽瑠の『ロマンティック病』【写真21点】

1/21(火) 15:15配信

エンタメNEXT

1月19日(日)、20日(月)に行われた毎年恒例の「AKB48グループ リクエストアワーセットリストベスト50 2020」でHKT48・田中美久、松岡はな、田島芽瑠が歌う『ロマンティック病』が1位を獲得した。

【写真21点】サプライズ発表もあったAKB48 リクアワ ライブカット【21点】

AKB48グループの楽曲1246曲の中から、ファン投票で決定したベスト50曲をランキング形式で披露するコンサート、「リクエストアワーセットリストベスト50」が19日、20日の二日間に分けてTOKYO DOME CITY HALLで行われた。AKB48グループメンバーが一堂に会する本コンサートは1月の風物詩ともなっている。

初日公演は50位からの発表だったが、『11月のアンクレット』と『青春 ダ・カーポ』の獲得票数が同数のため、2曲が49位になる展開から幕を開けた。47位は毎年上位を顔を出す『アイスのくちづけ』。その変わらぬ強さに会場がざわつき、センターを務めるAKB48佐々木優佳里も「私はあなたの愛すのみ」のセリフで思わず照れ笑いを見せた。NGT48の楽曲は、46位『春はどこから来るのか?』、43位『青春時計』、42位『世界はどこまで青空なのか?』とシングルタイトルが3曲も登場。いずれも、かつてNGT48を兼任していた柏木由紀がパフォーマンスに加わり盛り上がりを見せた。


ランキング次第で同じメンバーが連続してパフォーマンスすることもあり、その衣装チェンジの時間を繋ぐために、様々な企画が行われるのもリクアワの楽しみの一つ。次世代バラエティメンバーを育成する目的で行われたサイコロトークでは、AKB48の各チームキャプテンによる2020年最終兵器メンバープレゼン。チームAはなぜかベテランの宮崎美穂が紹介され「12年もやってんのよ!」とクレームを入れ、会場を沸かせていた。

19日に二十歳の誕生日を迎えたHKT48の松岡はな。彼女のソロ曲『女の子だもん、走らなきゃ!』が33位にランクインした。ファンからの最高のプレゼントに松岡は、いつにも増して弾ける笑顔でのパフォーマンスで応えていた。グループからの卒業を発表している峯岸みなみがセンターを務める『逆転王子様』は31位にランクイン。1期生として長年グループを支えてきた峰岸への感謝と祝福として、盛大な“みーちゃん”コールが会場中で巻き起こり、パフォーマンス後に「ランクイン、嬉しかったです!」と笑顔を見せた。

1日目のラスト26位は、今はそれぞれのチームで活躍するAKB48 16期生にとって原点とも言える楽曲『抱きつこうか?』。山内瑞葵は「1日目の1位みたいで嬉しかったです」とメンバーを代表して感謝の気持ちを伝えた。

1/3ページ

最終更新:1/21(火) 15:15
エンタメNEXT

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事