ここから本文です

「恐怖の大ケガを負っても彼女は…」リバプール女子チームの守護神がパックリ割れた頭部の衝撃画像を公開!

1/21(火) 5:20配信

THE DIGEST

 ショッキングな画像を公開したのは、リバプール・ウィメン(女子チーム)の若き守護神だ。

 イングランドU-20女子代表の経験もあるフラン・キッチングが、現地日曜日に自身のインスタグラムを更新。なんとアップロードされたのは、頭部に大ケガを負ったキッチング本人の姿だった。

 投稿されたのは3枚。1枚目はケガをした直後のようで、前頭部から額にかけて10センチ近い裂傷が痛々しい。2枚目と3枚目は患部の縫合後で、両目の周りには殴られたかのような腫れが見受けられる。いったいなにが起こったのだろうか。

 本人は次のようにメッセージを綴っている。

「火曜日の練習でこんなことが起こってしまい、私は今日(日曜日)のゲームには出場できないの。ゴールキーパーとしてプレーするようになって、これほどの酷いケガをしたことはないわ。本当に腫れ上がって痛みも最悪だった(まるでキャベツパッチキッズみたい)けど、いまはずいぶん良くなったし、もうすぐチームの練習にも戻れると思う! 今日は一生懸命チームの応援をするわよ!」

 とんでもない傷を負ったにもかかわらず、どこか陽気でポジティブな21歳のGKに対して、英紙『Daily Mail』は「衝撃的なケガに遭っても、彼女は気丈に振る舞い、チームメイトやフォロワーたちに心配させまいと前を向いた」と評した。

 そしてインスタの投稿欄にはフォロワーからの書き込みが相次いだ。「スピーディーな回復を祈ります!」「素晴らしいパーソナリティーのあなたを応援します」「すごいメンタリティーだ」「勇気をもらった、ありがとう!」「みんなが君を待っているよ」などなど、激励&応援メッセージが数多く寄せられている。

 リバプール・ウィメンはイングランド女子スーパーリーグ1部に属する。開幕から11戦勝ち星なし(3分け8敗)で最下位に沈んでいたが、日曜日のブリストル・アカデミー戦でチームは奮起。1-0で今季初勝利を挙げて、欠場を余儀なくされたキッチングに3ポイントを捧げたのだ。代役のGKアンケ・プロイスが終盤にPKを阻止するなど、大車輪の活躍を見せたという。

構成●THE DIGEST編集部

最終更新:1/21(火) 6:06
THE DIGEST

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ