ここから本文です

キャサリン妃のシンボリックなヘアスタイルを振り返る。

1/21(火) 17:20配信

フィガロジャポン

洗練された装いの仕上げに欠かせない、ヘアアクセサリー。

完璧なセットのスタイリングはもちろん、ブローだけのシンプルなスタイリングやヘアアクセサリー選びでも、失敗知らずのキャサリン妃。ベストヘアスタイルを振り返る。

その他の写真はこちら。

ケンブリッジ公爵夫人がヘアスタイルを変えるのは、ハッピーな出来事の前触れのことが多い。ルイ王子懐妊発表の直前に、ロングのカールヘアをセミロングにカットしたのが記憶に新しい。そんなわけで、キャサリン妃が昨年9月にヘアカラーを明るい色に変えて登場した時には、第4子妊娠説が瞬く間に広まったのだが、実は単に気分転換をしたかっただけのよう。これまで劇的なイメージチェンジをしたことのないケンブリッジ公爵夫人だが、あらゆる場面に合わせて、ちょっとした変化をつけるセンスは抜群だ。

シニョンスタイルが得意なキャサリン妃だが、ポニーテールもお気に入りのよう。2014年頃から、ラフな印象でもエレガンスは失わないこのシンプルなヘアスタイルはキャサリン妃のマイブームに。また、中くらいの位置でまとめた、よりアクティブなムードのハーフアップも取り入れて、ヘアアレンジのバリエーションにいまの気分をプラスしている。キャサリン妃のヘアスタイルのレベルの高さは、まさに女王と呼ぶにふさわしい!

texte : Clara Le Guern (madame.lefigaro.fr)

最終更新:1/21(火) 17:20
フィガロジャポン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事