ここから本文です

若手の中から誰が最初にグランドスラム初優勝を達成する? [全豪テニス]

1/21(火) 13:30配信

テニスマガジンONLINE

 テニス界は若い男たちが前進の一歩を踏み、グランドスラム大会で優勝を遂げるのを待っている。2014年以降、30歳以下のグランドスラム大会初優勝者は出ていない。

オーストラリアン・オープン2020|トーナメント表

「彼らは日に日に近づいてきている。それは明白だ」と言ったノバク・ジョコビッチ(セルビア)は、23歳のダニール・メドベージェフ(ロシア/昨年のUSオープン決勝でナダルに敗れ準優勝)、26歳のドミニク・ティーム(オーストリア/フレンチ・オープンで2度決勝でナダルに敗れている)、21歳のステファノス・チチパス(ギリシャ/昨年のオーストラリアン・オープン・ベスト4で、すでのビッグ3の全員に勝ったことがある)らの名前を挙げた。

「彼らは非常に近くまできている。文字通り、1セット離れているだけだ」とジョコビッチは言い添えた。「近い将来のある日、それは起こるだろうと思う。それは今にも起こる。避けがたきことだよ。彼らに足りないもの? 正直、足りないものなど、あまりないと思う」。

 最終的にはロジャー・フェデラー(スイス)、ラファエル・ナダル(スペイン)、そしてジョコビッチのビッグ3によるテニス界の覇権は引いていくだろう。そして最終的には、いずれかの若い選手たちが自分の存在を主張するようになるはずだ。テニスの偉人の推測ゲームが続いている----若手たちの中から誰が最初にグランドスラム大会で優勝するだろうか。

 次に挙げる3人のロシア人たちも、もちろんこの議論の中に入り込んできている。第4シードのメドベージェフ、23歳で第16シードのカレン・ハチャノフ(ロシア)、そして22歳で第17シードのアンドレイ・ルブレフ(ロシア)だ。

 メドベージェフは昨年のUSオープン決勝でナダルと5セットの死闘を強い、ハチャノフは2019年フレンチ・オープンでベスト8入り、ルブレフは今月のドーハとアデレ―ドで優勝し、オーストラリアン・オープン前にATPツアー・レベルの大会2つで優勝した2004年以来の男子選手となっている。(C)AP(テニスマガジン)

最終更新:1/21(火) 13:30
テニスマガジンONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事