ここから本文です

海賊版サイト「漫画村」運営者を警察よりも先に見つけた“天才少年ハッカー”とは

1/21(火) 11:00配信

文春オンライン

 人気漫画の海賊版を無断で掲載していた国内最大規模のサイト「漫画村」の元運営者とされる男が2019年9月、警察に逮捕された。5万点以上の漫画や雑誌が違法アップロードされ、1カ月の訪問者がのべ1億人を超えていたとされる。

【写真】この記事の写真を見る(4枚)

 出版社や作家に多大な損害を与え、国がサイトの強制遮断措置まで検討するきっかけを作ったのが漫画村だった。サイトは2016年1月から2年ほど運営されていた。たとえ国家権力が乗り込んでも契約者の情報を決して明らかにしない、ウクライナにある特殊なサーバーから発信されていた。運営者の特定は困難とされ、出版社が手をこまねいていた。

漫画村を追い詰めた「20歳のホワイトハッカー」

 ところが2017年7月、運営者とされる男の存在を独自の調査で明らかにした若者がいた。当時20歳になったばかりのホワイトハッカー、通称「Cheena」(チーナ)と呼ばれる男性である。

 彼はネット上に点在する情報の断片を丹念に集め、漫画村の実態に少しずつ迫っていった。驚くべきは、情報源が全てオープンなものばかりだったことだ。調査手法は国家の諜報機関が重視する「OSINT」(Open source intelligence)に近い。そんな卓越した分析能力を当時、筆者は目の当たりにしていた。

 日本の公安関係者に彼の話をしたことがある。その人物は即座に「今すぐでも欲しい人材だ」と言った。一方で「公務員試験では決して採用されないタイプだ」とも口にした。

 彼は中学1年で引きこもりとなり、ネットが社会との唯一の接点という少年時代を過ごした。自学自習で身につけた、ある種の尖った才能だった。

米国インテリジェンス企業が雇った日本の18歳専門学生

 実は、彼のような「少年ハッカー」は日本中にいる。見た目は普通の10代が海外のハッカーと対等に渡り合い、サイバー攻撃を興味本位で分析する。国家を背景にした中国ハッカー集団に立ち向かうため、米国のインテリジェンス企業が雇ったのは、日本に住む当時18歳の専門学校生だった。

 インターネットを取り巻く「技術」は国をまたいだ共通語である。言葉はGoogle翻訳があればどうにでもなる。誰にでも平等に開かれたネットの世界が、デジタルネイティブの若者たちをひきよせる。そうした才能をいち早く手に入れようと、米国政府や企業は貪欲に動く。米ラスベガスで毎年8月に開かれるハッカーの祭典「DEF CON」(デフコン)は、少年ハッカーの草刈り場でもある。

 日本でも経済産業省の外郭団体が主催する、主に中高・大学生の若者たちを集めた集中合宿「セキュリティ・キャンプ」が毎年夏に開催されている。2018年からトヨタ自動車がスポンサーに名を連ね、セキュリティ業界の話題となった。自動運転にかかせない「コネクテッドカー」時代の到来を前に、セキュリティ対策は喫緊の経営課題となっている。自動車のハッキングは命に直結するからだ。

 トヨタがこうした舞台に出てきたのは、新卒の定期採用では、いわゆる「規格外」の尖った人材が網にかからないという問題意識があったようだ。

1/2ページ

最終更新:1/21(火) 11:00
文春オンライン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事