ここから本文です

ジョシュア、4団体統一へ 年内のワイルダー戦を熱望「対戦の可能性は大いにある」

1/21(火) 21:03配信

THE ANSWER

“世紀の再戦”後、ワイルダーの相手に名乗りと英報道「対戦を調整中」

 ボクシングのヘビー級元世界3団体統一王者タイソン・フューリー(英国)と2月22日に“世紀の再戦”を迎えるWBC同級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)。42勝41KOの怪物パンチャー戦を望んでいるのは現在WBA、IBF、WBOのベルトを巻くアンソニー・ジョシュア(英国)だ。なかなか両者の統一戦は実現しなかったが、“世紀の再戦”を前に改めて対戦を呼び掛けている。

【動画】ジョシュア戦は実現するのか!? これが怪物の「キャリア最高KO」! 42勝41KOのワイルダーが演じた“一撃失神KO”の実際の瞬間

 俄かにヘビー級戦線が活性化している。2020年最初のビッグマッチとしてワイルダーとフューリーが激突するが、3本のベルトを保持するジョシュアもまたワイルダーにラブコールを送っている。

 英放送局「スカイスポーツ」は「アンソニー・ジョシュア、デオンテイ・ワイルダーとの対戦を調整中と明かす」の見出しで現状をレポートしている。

 記事ではワイルダー―フューリー戦が行われる一方で、ジョシュアの次戦はまだ決まっていない。記事では「クブラト・プレフまたはオレクサンドル・ウシクのどちらかと対戦する。ジョシュアは先週、両者の代表者と調整を行ったという」と伝え、元クルーザー級の統一王者でWBO1位のウシク(ウクライナ)か、IBF1位のプレフ(ブルガリア)が候補に浮上しているという。

 だが「ジョシュアの目はすでにワイルダーに向けられている」と記事では伝え、ジョシュアは「いくつかミーティングを行った。ウシクのマネージャとも同じミーティングをした。その後になって、お互い試合を控えている前だがワイルダー戦を決定するためのオファー提示のための別のミーティングも行ったね」と明かしているという。

早くもワイルダー戦をイメージ「オレの左も負けちゃいない」

 さらに続けて「皆、オレとの対戦ではワイルダーに勝ってもらいたいんだろう。それが誰もが見たがっているものだ。ワイルダーには強烈な右がある。ただ、オレの左も負けちゃいない。最高の試合になるはずさ」とイメージを描いている様子だ。

 これまでも浮上していた4団体のベルトをかけた統一戦。ワイルダーをプロモートするPBCはFOXスポーツと契約を結んでいる一方で、ジョシュアはマッチルームボクシングがプロモートし放送局はDAZN。実現へ向けたハードルは低くないが「ミーティングを行ったって言ったが、対戦の可能性は大いにあるんじゃないか。ワイルダーとフューリーは今年の年末までにもう1戦を行うそうだが、オレたちだってそこに一石を投じないといけないだろう」と語ったという。

“世紀の再戦”後も注目を集めそうなヘビー級戦線。レノックス・ルイス(英国)以来のヘビー級4団体統一王者が誕生するかもしれない。

THE ANSWER編集部

最終更新:1/21(火) 21:03
THE ANSWER

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ