ここから本文です

実写版「とんかつDJアゲ太郎」6・19公開決定!主演は若手実力派俳優?

1/21(火) 8:00配信

ザテレビジョン

集英社「少年ジャンプ+」が創刊された2014年から2017年まで連載されていたウェブコミック「とんかつDJアゲ太郎」の実写映画化プロジェクトが始動。製作がフジテレビ、配給がワーナー・ブラザース映画に決定し、6月19日(金)に公開されることが分かった。

【写真を見る】「アニメ劇場版銀魂」の“超ティーザービジュアル”

原案・イーピャオ、漫画・小山ゆうじろうによる本作は、「少年ジャンプ+」で連載されるやいなや、ネット上で絶大な支持を集めたギャグ漫画。

2015年には「少年ジャンプ+」で初の単行本化され全11巻を刊行し、2016年4月にはテレビアニメ化も実現。そして、2017年「少年ジャンプ+」から初の実写映画化が発表され、Twitterのトレンドに入る程の話題となった。

2020年、新たな笑いを届ける作品として「とんかつDJアゲ太郎」を選んだことについて、本作の小原一隆プロデューサーは、「本当に最高のメンバーです!主演は、あの大ヒット映画が記憶に新しい、コメディー映画初挑戦のあの方!これからの邦画界を担うキャストと監督が集結!とにかく早く発表したい!」とキャスト解禁に向け意気込みのコメント。

また、イーピャオと小山は連名で「『とんかつDJアゲ太郎』映画化計画…水面下、もとい油面下でじっくり仕込んでおりました!アノ原作が!実写という衣をまとうと…どうなる!?どう揚がってもファンキーな予感しかないッ!一緒にカツ目して待ちましょうッ!!」と喜びを語っている。

さらに、小山からは実写化始動開始の喜びのアゲアゲ“特別描き下ろしイラスト”も解禁。映画のアゲ太郎を演じる出演者を意識したイラストには、原作アゲ太郎も仰天の鼻筋が通った若手実力派俳優が、とんかつを揚げる姿が油越しで描かれている。

今回の解禁では明らかになっていないキャストと監督だが、来たる“ニクの日”1月29日(水)に、追加情報が解禁される予定だ。

■ あらすじ

物語の舞台は東京・渋谷の片隅にある老舗とんかつ屋「しぶかつ」。主人公・勝又揚太郎(かつまたあげたろう)はその三代目の跡取り息子だが、父・揚作(あげさく)の元、キャベツの千切りの毎日。

ある日、弁当の配達で渋谷のクラブへ。初めて訪れたその場所で音楽にあわせ盛り上がるフロアに、揚太郎はこれまでにない高揚感を体感。

お調子者の揚太郎は“とんかつ”も“フロア”もアゲれる男「とんかつDJアゲ太郎」を目指すことに。

しかし、豚肉にも触ったことがない、DJ機材にも触ったことのない揚太郎の道のりは一に勢い、二に勘違い、三は運命の出会い…と爆走爆笑のハプニングだらけ。

揚太郎は果たして「とんかつDJ」になれるのか…。

(ザテレビジョン)

最終更新:1/21(火) 8:00
ザテレビジョン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ