ここから本文です

駒沢の新しき焼き鳥店は、日常を豊かにする世田谷らしい人気店でした!

1/21(火) 5:20配信

東京カレンダー

近所のいい店で上質な時間を過ごす。これこそが世田谷流。

広大な世田谷のさまざまなエリアから、新店、人気店だけをピックアップ。今、世田谷をにぎわす話題店を紹介する。

『焼鳥 せきや』@駒沢大学

駒沢大学駅から徒歩3分、『パティスリーナオキ』やタイカレーの名店『ピキヌー』の並びと言えば、ピンとくる人も多いだろう。

そこにあるのは、昨年11月にオープンしてまたたく間に人気店となった『焼鳥 せきや』だ。世田谷屈指の予約困難店、焼き鳥『Shira』。梅ヶ丘店に続く待望の2号店としてオープンした。

スケルトンの店内から漏れ伝わるのは、夜な夜な、落ち着いた大人たちが楽しんでいる静かなにぎわいだ。246を一本入った住宅街へと続く通り沿いにあることから、帰路につく住民たちの好奇心を掻き立てている。

白木のコの字カウンターは15席のみ。大勢でワイワイやる雰囲気ではないが、かといって緊張感が支配する店でもない。

リラックスしながら34歳の若き店主が丁寧に火入れした旨い串を旨い酒とともに味わう。

ほとんどの客がオーダーするのが「おまかせコース」。5本¥1,500、7本¥2,100という控えめのプライスも日常使いには、ちょうどいい。鶏はすべて滋賀県産の淡海地鶏を使用している。

ワインだけでなく日本酒とも抜群の相性を見せる「カチョカヴァロ」¥500。

食べ応えのある「つくね」¥350(単品)は、軟骨の食感が楽しい。

鶏ガラや野菜類を5時間以上煮込んだスープで提供する「鶏そば」¥750は〆に最高。

麺は全粒粉でするするっとした喉越しが特徴。黄金色のスープに隠れたつくねが時々顔をのぞかせ、アクセントに。旨みの凝縮感が堪らない1杯だ。

学生街ながらも賑やかすぎない街だからこそ、大人のシンプルな願いはさらりと叶う。気心の知れた大切な人とゆっくり語り合う日に訪れたい。

◆そんな『焼鳥 せきや』の大人な客層

土日は家族連れの姿もあるが、平日夜は圧倒的にカップルが多い。

特に近隣に住む40代以上の夫婦が大きく占める。大人のデートに最適。

東京カレンダー株式会社

最終更新:1/21(火) 5:20
東京カレンダー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo! JAPAN 特設ページ